トランスフォーマー主題歌発表、話題のイマジン・ドラゴンズが担当。

写真拡大

8月8日に日本公開となるシリーズ最新作「トランスフォーマー/ロストエイジ」の主題歌を、第56回グラミー賞受賞アーティストのイマジン・ドラゴンズが担当することが明らかになった。

これは5月13日に放送された米国のテレビ番組「THE VOICE」にて、「トランスフォーマー/ロストエイジ」新キャストのニコラ・ペルツとジャック・レイナーより、シリーズ最新作のオリジナルソングを書いてくれた話題のバンドとして、イマジン・ドラゴンズを紹介したもの。

イマジン・ドラゴンズは、日本では昨年7月にデビューを果たしたばかりのバンドながら、すでにそのパフォーマンスは世界中で大絶賛されており、特に和太鼓パフォーマンスは有名だ。昨年はそんなパフォーマンスを披露するべく、VMAJとサマーソニックのため来日を果たしている。また、今年の第56回グラミー賞では最優秀ロック・パフォーマンス賞を受賞した旬なバンドだ。

なお、6月27日の全米公開に先駆け、6月19日に行われるワールドプレミアの開催地が香港に決定したことも併せて発表された。そこでイマジン・ドラゴンズがライブパフォーマンスを披露するという。

映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」は8月8日(金)より、夏休み全国ロードショー。