訴訟トラブル抱え、TBSも知らん顔……試合ができないプロボクサー亀田三兄弟の現在

写真拡大

 プロボクシングの亀田三兄弟が苦境に陥っている。関係者間では、業界の有力者に助けを求めているというウワサも聞かれる。

 2月、日本ボクシングコミッション(以下、JBC)から所属ジムが「ガバナンスが不健全」と判断され、会長とマネジャーがライセンスを失効。国内で試合ができなくなったことで収入源を失った兄弟は、テレビ番組でも活躍する北村晴男弁護士を代理人にして訴訟も辞さないと強気の抵抗を見せていたが、これが業界の反発を招いて大失敗。3月にオープンしたばかりの東京・世田谷の新ジムもライセンスが下りないことからプロ選手を輩出できない状況にあり、描いていたビジネスプランが頓挫したとみられる状況だ。

 実質的にジムを仕切っていた長男・興毅は昨年11月、韓国でWBA世界バンタム級王座8度目の防衛戦に出場したが、格下の対戦相手にダウンを奪われる劣勢の中、不可解な判定勝ちを拾うというヒドい出来で、テレビ視聴率も10.8%(関東地区)と2ケタに届くのがやっとだった。

「主催が亀田でしたが、直前で試合会場が小さい場所に変更になるなど、興行的にも失敗だった」と都内ボクシング関係者。さらに、WBAからバンタム級スーパー王者のアンセルモ・モレノ(パナマ)との王座統一戦を指示されていたが、逃げるようにして転級。王座を返上した。日頃の強気の発言とは対照的な弱腰な態度は、ファンの失笑を買ってしまった。

 次男・大毅は昨年12月、IBF世界スーパーフライ級王者としてWBA王者と対戦も判定負け。同月、主演映画が公開されたが、この敗戦でさっぱり話題にならなかった。減量苦を公言していながら適正階級で勝負していないことも、ファンの期待値を低いままにしている。

 唯一、世界王座を保持しているのがWBO世界バンタム級王者で三男の和毅だが、こちらは5月にメキシコで予定していた防衛戦が延期。前出関係者によると「表向きプロモーターの都合とされていますが、対戦相手がタイ人で、メキシコで集客が見込めなかったというのが本当のところでは」という。

 実際、今度は7月開催とされてはいるものの、具体的な会場などは未定のままだ。

「和毅は主にメキシコで試合をしてきたので、現地で人気があるかのように伝えられてきましたが、過去の世界タイトルマッチはメキシコでやっていませんし、ほとんど打ち合わない試合スタイルから、目の肥えたメキシコで人気があるとは思えない」(同)

 これまで亀田兄弟は批判も覚悟のゴシップ的な話題作りで注目を集め、テレビ視聴率につなげたことが大きな収入源となってきた。しかし、兄弟を中継してきたTBSも、さすがに業界トラブルを抱えたままでは放送をあきらめている状況だ。

 唯一、国内での活動再開の道はJBCとの和解だが、前出関係者は「JBC職員のひとりとトラブルになって訴訟になっている状態では、和解はまず難しい」とする。

 職員は2月、昨年9月の興行で亀田兄弟から精神的苦痛を受けたとして損害賠償を請求。これに対し、亀田側も名誉毀損などで反訴しているが、民事裁判のため、このまま争えば長期戦になることは必至。

「そんな状況でJBCとの和解が難しいと見たか、亀田ジムの関係者は先日、兄弟が日本人選手と対戦することを条件に、有力関係者に仲介を依頼したというウワサもあります。ただ、亀田に対するファンの目が厳しいく、安易な和解は反発を招くでしょうからスムーズに運ぶかどうか……」(同)

 亀田ジムは通訳やボディガードなど、多くのスタッフを抱えていることでも知られ、このままでは試合枯れで収入減どころか赤字なのではないかという心配もある。
(文=和田修二)