漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第1原発を訪問した主人公が原因不明の鼻血を出すなど描写があった問題で、13日福島テレビ「FTVスーパーニュース」が、同漫画による実害を報道した。

番組は騒動を受け、福島市の飯坂温泉を取材。「美味しんぼの表現を気にした保護者の反対で、県外の学校の団体客数百人が、宿泊をキャンセルした」という旅館関係者の証言をテロップで紹介。ほかにも、漫画の影響とみられるキャンセルが10件ほど確認されていて、温泉街からは怒りの声が上がっているという。

ニュースのスタッフに対し、飯坂温泉の従業員・佐藤ひとみさんは「今まで、一生懸命みんなで頑張ってきたことが台なしになってしまいかねないので、本当にやめてほしいと思います」と話している。

餃子照井飯坂店の佐藤吉則さんも「食に関することなので、わたしたちも敏感に対応しないと。飯坂温泉は観光のお客様相手なので、深刻ですよね。風評被害がまた広まるのは」と、不安を訴えていた。

【関連記事】
圧力?美味しんぼ風評騒動の裏で別漫画が突然の打ち切り
伊集院、美味しんぼ騒動に「両方載せるっていうことは、漫画を提供してくれる会社としてはアリだな」
「美味しんぼ」 風評助長する非科学的な描写