「まだ10位の実力はついてないと思います。20番くらいかなと正直思っているので......。今の順位を守っていけば自信はついていくと思うけれど、それには時間が必要だし、プレイの内容も伴わないと」

 錦織圭がそのように口にしたのは、今から約11ヵ月前の2013年6月。ウインブルドン開幕を控え、ランキングが13位へ上昇したころのことだった。シーズン当初から掲げていたトップ10に限りなく肉薄し、6月から7月にかけて、一時はランキング11位まで到達。ニューフェイスの台頭に、世界中のテニス関係者たちは色めき立った。

 だが、当の本人は、表示される数字と自己認識に乖離(かいり)を抱え、戸惑いや居心地の悪さすら覚えているようだった。8月には、カナダのマスターズ1000で「これに勝てばトップ10」という一戦を迎えるも、それに敗れると、以降はシンシナティのマスターズ1000、そして全米オープンで立て続けに初戦敗退を喫した。

「活気が沸いてこない。こんなことは、テニスをやっていて初めて......」

 そんな本人の言葉を待つまでもなく、錦織の異変は、誰の目にも明らかだった。

 錦織を公私ともに誰よりも知る父の清志さんが、我が子の異変に気づいたのは、それよりもさらに早いウインブルドンのころだったという。3回戦までは危なげなく勝ち上がったものの、イタリアのアンドレアス・セッピに逆転負けして終えた大会だ。

「プレッシャーがあると、ここまで魅力に欠けたプレイになってしまうのか......」

 セオリーや常識に縛られず、コートに絵を描くように、あらゆる球種を変幻自在に打ち込む錦織のプレイから、その楽しみが失われている――。そう感じた時、清志さんは「トップ10」という、得体の知れぬ怪物の脅威に触れたという。そして、怪物と戦うには、その正体を知る人物の助けが必要だとも痛感した。何しろ、「トップ10」は錦織のみならず、コーチを含めたチームスタッフたちにとっても、未知の領域だったのだ。その闇を照らす水先案内人を、清志さんたちはこのころから探すようになっていた。

 複数いた候補の中から最終的にマイケル・チャンに決まったのは、3年前に有明コロシアムで行なわれたエキシビションの存在が大きかったという。この時の交流を機に、錦織はチャンと話をし、その後も時おりメールなどで情報交換をしていた。チャンの明晰な頭脳や語り口、さらには真摯な姿勢にも惹かれるものがあったのだろう。チャンの「自分も同じように、トップ10になかなか入れない時期があった」という言葉も、錦織の苦い経験と共鳴した。

 最終的に17位で終えた、2013年シーズン末――。こうして新たな師弟による、トップ10を明確に狙う戦いが始まった。

 その二人三脚は、始まりから苛烈を極めていたと、父・清志さんは述懐する。コーチ就任が決まると、さっそく錦織はチャンの地元カリフォルニアで2週間、付きっきりの指導を受けた。しかもその内容は、オフシーズンの肩慣らし......という生易しい類(たぐい)のものではない。鬼の形相で檄(げき)を飛ばす元世界ランキング2位との練習は、それこそ「特訓」の言葉が相応しい緊張感に満ちていたという。しかも、妥協を許さぬチャンは、コート内に枯葉が落ちれば神経質に拾い上げ、飛び散ったボールのフェルトがコートを覆うと、自ら用具を手にして清掃にあたった。その張りつめた空気の前では、父親ですら、声をかけるのが憚(はばか)られた。

「この時期に、こんなに追い込んで、身体は大丈夫だろうか?」

 清志さんはそんな不安を抱いたが、同時に、「ここから先には、これほどまでしなければ行けないのか......」との想いに胸を突かれた。何より、その厳しさに錦織がついていくのは、彼がトップ10を渇望し、また、チャンの指摘の正しさを確信したからでもあるだろう。

「僕は、技術面では変えるところはないと思っていたけれど、チャンに指摘され、こんなに改善できるのだと驚いた」

 あるテニス関係者から、錦織がそう口にしていたと聞いたことがある。たしかに練習時のチャンは、自らラケットを手にして練習コートで球を出し、一球ごとに、「腕の位置は、ここだろう」「もう少しボールの後ろにしっかり入るんだ」と細かく指示を飛ばしていた。打っては修正が入り、修正どおりに打てば、「それだ! もう一本!」と、球打ちは継続していく。同じことを延々繰り返すドリル練習だが、錦織は、「反復練習の重要性を感じている」と口にし、手を抜く様子はまるでなかった。

 すでに世界の十指に肉薄し、技術面への自信も深めていたトップランカーが、まるで中学生を相手にするような指導によく従っているな......そんな風に思っていると、錦織の母・恵理さんが、本人の気持ちを代弁するように、こう言った。

「だって、そこ(トップ10)が越えられなくて、チャンの門を叩いたんですもの」

 その、『チャン式ドリル練習』に従った成果は、本人も、「安定感が増し、ミスが減った」と自認するストロークに顕著に表れる。

「左右どちらからでも、攻撃的に攻められるようになった」

 結果的には棄権敗退となったマドリード大会決勝のラファエル・ナダル戦後にも、錦織はそう口にして、世界1位にすら打ち負けぬストロークの感触を持ち帰った。

 数字の綾(あや)を期待するのではない。
 上位選手の脱落を待つのでもない。

 自信を積み上げながらも謙虚さを忘れず、リスクを恐れず新たな技術も取り入れながら、錦織は「10」という数字とともに、その数の前に屈した過去の自分をも乗り越えた。

 11ヵ月前に彼を覆った戸惑いの影は、もうどこにも見当たらない――。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki