女子に聞いた! 「男性の理解できない買い物やムダ遣い」って、ある?

人それぞれ、個人個人でちがうのが、何にどれだけお金をかけるかという金銭感覚。特に男女間では驚くほどのギャップがあるようです。そこで今回は、働く女子に「恋人や男性の理解できない買い物やムダ遣い」について聞いてみました!

■車へのこだわり

・「高級車を買う」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「車についてはうるさくて、高いタイヤを買う」(32歳/金融・証券/技術職)

・「バイクや車を何台も買う」(27歳/食品・飲料/技術職)

車好きの男性はけっこう多いもの。ステータスのひとつでもあり、こだわりはじめるとかなりの金額を投資することになるようです。

■娯楽費用

・「キャバクラ代」(27歳/金融・証券/営業職)

・「男性がパチンコに何万も費やすのが信じられないです」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「飲み代に3万円くらい1回で使う」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ギャバクラやギャンブル、飲み代など、娯楽費にお金をかける男性も。たまにならいいけれど、ひんぱんにとなると女子としては理解できないかも。

■高価なファッションアイテム

・「メガネに何万も。いくつも買っていた」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「10万円以上もするシルバーアクセサリーを買うこと」(33歳/その他/その他)

・「シャツ一枚に15,000円ぐらいかける」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

オシャレにお金をかける男性も多いもの。とくに男性の場合、女子とはちがって、いいものを長く愛用する人が多いため、ひとつひとつの品が高額でびっくりしますよね。

■マニアックな趣味

・「アイドルCDの大量買い」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「親戚が趣味で買っているフィギュア類が家に置ききれない量になっているので、ほどほどにすべきと思う」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「ファイナルファンタジーの限定版が出ると、必ず買うのに買っただけで満足して開封すらしない」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

収集癖のある男性にとって、趣味への投資はついつい高額になりがち。また、コレクションが目的だったりするので、開封せずにそのまま保管……なんてことが多いようです。

いかがでしたか? 男性のお金の使い方は、なかなか女子には理解ができないようです。とはいえ、何にお金をかけるかは人それぞれ。もし恋人が、理解しがたいものにお金をかけていたとしても、大きな心で受け止めてあげられるような女子でいたいものですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数238件(22歳〜34歳の働く女性)