意外にハマるかも?

写真拡大

ロッテリアは、つけ麺の有名店「東池袋 大勝軒」監修のもとラーメンとハンバーガーを組み合わせた新商品「大勝軒 元祖つけ麺バーガー」を開発し、2014年5月20日から全国の店舗で期間限定発売する。

「並」から「特盛」までサイズが選べる

「東池袋 大勝軒」は1961年に開業し、以来「つけ麺の元祖」「行列の絶えない店」としてメディアにも多数取り上げられた有名店。「つけ麺バーガー」ではセットにつけ汁も用意、バーガーで本格つけ麺を再現した。

バンズに豪快にはさまれるのはパティに見立てた麺で、食感のアクセントをつけるため表面を軽く焼いてある。もちもちと柔らかいながらもしっかりとしたコシがあり、食べ応え十分だ。りんご酢のまろやかな酸味と豚骨、鶏がら、魚介の複雑な旨味が融合したチャーシューだれ、マヨネーズをソースとしてはさみ、バーガーとして完成させた。パティとなる麺のボリュームが調節できるのも特徴だ。麺パティ1段の「並」から3段の「特盛」まで選んで注文できる。

つけ汁もラーメン店顔負けの本格派。鶏がら、豚骨から抽出したスープと魚介から取った出汁を合わせることで豊かな風味を作り出し、チャーシュー、メンマ、刻み葱を上からトッピングした。つけ汁単体で味わえるよう、オプションで「スープ割」のサービスも注文できる。

価格は「並」が650円、「大盛」が700円、「特盛」が750円(いずれも税込)。