映画『ホットロード』 ©2014『ホットロード』製作委員会 ©紡木たく/集英社

写真拡大

8月16日から全国で公開される能年玲奈の主演映画『ホットロード』の追加キャストが明らかになった。

【もっと写真を見る】

今回新たに判明したキャストは、暴走族チーム「Nights」のリーダー・玉見トオル役の鈴木亮平、トオルの恋人・宏子役の太田莉菜、Nightsのメンバー役の落合モトキ、山田裕貴、和希が通う中学校の先生役の鷲尾真知子、利重剛、医者役の野間口徹、春山の母親役の松田美由紀。さらに、和希の母親の恋人・鈴木役を小澤征悦、和希の親友・絵里役を竹富聖花、Nightsと対立する「漠統」のリーダー・赤根役を野替愁平、ナンバー2の永山役を遠藤雄弥が演じる。

同作は、1986年から『別冊マーガレット』に連載された紡木たくによる同名少女漫画の実写版。母から愛されてないという思いを抱える少女・宮市和希が、学校に馴染めずにいた親友・絵里に誘われるまま、夜の湘南でNightsに所属する春山洋志と出会い、互いに惹かれ合いながらも敵対するチームとの抗争に巻き込まれていく様を描く。

監督は『ソラニン』『陽だまりの彼女』『僕等がいた』などで知られる三木孝浩が手掛け、脚本は『僕等がいた』で三木監督とタッグを組んだ吉田智子が担当。これまでに和希役の能年、春山役の登坂広臣、和希の母役の木村佳乃の出演が発表されていた。