「お金が増える」と思っていたら、実は間違っていた選択4つ

写真拡大

皆さん、お金を貯めるためにどんな工夫をしていますか?

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

タクシーにできるだけ乗らないようにしていたり、買い物はセールの時期を狙ってするようにしたりしていませんか?

一見すると節約できているように思えるそれらの選択が、実は間違いだったとしたら――?

25年にわたる銀行員生活を経て、現在は年間7000万円の不動産収入を得て暮らしながら、『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)を上梓した菅井敏之さんに、「お金が増えると思っていたら、実は間違っていた選択」についてお話を伺いました。

■■信用金庫よりもメガバンクに口座を開く方がいい?


給料を振り込んでもらう口座、いわゆる「きゅうふり口座」をどの銀行で開設しているでしょうか。東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行など、いわゆるメガバンクをメイン口座にしている人が多いのではないでしょうか。「メガバンクなら何となく安心だし」と思っている人、あなたはお金が貯まらない人かもしれませんよ。

「銀行はお金を下ろすだけの場所ではなく、住宅ローンや自動車ローンなど、将来お金が必要になったとき、借りるための場所でもあります。メガバンクが相手にしているのは大企業の社員や公務員なので、中小企業の社員やフリーランスだとなかなかお金を貸してもらえません」(菅井さん、以下同)

ではどこに口座を開設するのが正解なのでしょうか。菅井さんのおすすめは信用金庫。信用金庫は中小企業や地域の商店がメイン顧客なので、500〜1000万円ほどの預金でも上客として扱ってくれるのだとか。逆にメガバンクでは1000万円の預金があっても特別扱いされることはありません。この違いが、将来銀行からお金を借りる際の"借りやすさ"に影響してくるのです。

「とはいえ、信用金庫にもデメリットはあります。店舗も少ないし、ネットバンキングも使いにくい。お金の出し入れだけならメガバンクの方が利便性は高いのです」

そこで菅井さんは、メガバンクと信用金庫にひとつずつ口座を持つことをおすすめしています。給与の振込などメインの口座として信用金庫を利用し、緊急にお金を引き出すための補完口座としてメガバンクを利用するのです。

もちろん、常にメガバンクがダメというわけではありません。ダメなのは、"何となく"で開設すること。"どの銀行に口座を開くか"ということひとつにしても、しっかりメリットとデメリットを考えることが、お金が増えるかどうかのポイントになるのです。

■■タクシーは高いのでできるだけ乗らない方がいい?

雨の予報はなかったのに、突然の雨が降ってきた! 取引先は駅から少し歩かなければいけないのだけど、どうしよう……。

誰もが一度は経験するそんな状況で、皆さんはどうしますか?

おそらく、ここで「タクシーに乗る」ことを選ぶ人は少数派でしょう。多くの人は、ビニール傘を購入し、靴を汚しながら走って移動すると想います。バブルの頃じゃあるまいし、タクシーは高いですから、その気持はよくわかります。

しかし「お金を貯める、増やす」という長期的な観点から考えると、タクシーに乗った方がいいと菅井さんは言います。

「私は雨の日には迷わずタクシーに乗ります。それは靴を濡らしたくないからです。銀行員時代に気づいたことですが、お金持ちはおしなべて良い靴を履いています。類は友を呼ぶという言葉がありますが、お金持ちと付き合うためには良い靴を大切に履くことが大切です」

タクシーといっても長距離を移動するわけではなく、靴を濡らさないためのちょっとした移動時の話。ビニール傘よりは多少高くても、靴を濡らすことを考えれば、実は得をしているのです。

■■買い物はセールの時期を狙うのがいい?

服を買うとき、年に何度かあるバーゲンセールの時期を狙う人は多いはず。定価よりも安く買えるのだから、損をするはずがない。そう思っていないでしょうか。実はここにも罠が潜んでいます。

「いいものを長く使うのが私のモットー。前からほしいものや必要なものが安くなっているなら、迷わずセールで買います。ダメなのは、"安いから買う"や"今だけ値段が下がっているから買う"というケースです。これは無駄遣いでしかありません」

たしかに、安くなっているからという理由で、たいして使わないものを買うのは浪費でしかありません。大切なのは、セールの数字に惑わされず、本当に必要かどうかを見極めることなのです。

■■粘り強い人は、すぐあきらめる人よりも破綻しにくい?

著書『お金が貯まるのは、どっち!?』で、会社員の副収入として不動産投資を勧めている菅井さん。では、物事をすぐにあきらめる人と、粘り強く最後まであきらめずにやりぬく人がいたら、どちらの方が投資で失敗しやすいと思いますか? 一見すると粘り強いタイプの方が失敗しにくいように思えますが、実はそうでもないと菅井さんは言います。

「不動産投資などでお金を増やそうとしている場合、状況が悪くなったと察したらすぐに売ってしまうなどの損切りをすべきです。しかし、まじめで粘り強い人はあきらめずに『今までの投資は取り返さなきゃ』とか『自分ならできる』と考えてしまいがちです。そうしたまじめな性格のせいで破綻する人はたくさんいるのです」

多少いい加減で、「これくらいの損は仕方ない」とあきらめられる人の方が破綻しにくいのは、不動産にかぎらずどの投資でも同じなのだそうです。もちろん、仕事がデキるかどうかはまた別の話ですけどね。

以上、「お金が増えると思っていたら、実は間違っていた選択」を4つご紹介しました。当たり前ですが、今回挙げた選択肢がどんなときも絶対に正解というわけではありません。大切なのは、先入観や"何となく"という感覚で物事を判断せずに、しっかりと"考える"ことなのです。

ちなみに、今でこそ家賃収入で年間7000万円を稼ぎだす菅井さんですが、20代の頃はまったく貯金もなく、お金はぜんぶ使っていたのだとか。銀行員としていろいろなお客さんと接するうちに、「これではダメだ」と気づいて家計簿をつけるところから始めたのだと言います。

「最初は収入と支出を計算して、自分がいくらお金を使っているか把握するところから始めましょう。そうすると、だんだんお金が貯まることが嬉しくなって、無駄遣いもしなくなりますよ」


将来のために、まずは家計簿から始めてみようかな。

こちらのレポートもどうぞ!
コンビニATMのルールが変わる! 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活・2014年版 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19566 ]
【お金】どう節約するべき? 「消費税8%」に負けないための賢い対処法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21569 ]
【節約】もう後悔しない! ムダな買い物を確実に減らす思考法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16688 ]
知らないと損する!スマホの賢い節約術まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15789 ]
安いだけで買ってはいけない!節約せずにお金が貯まる「四角流買い物術」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10141 ]