韓国の旅客船セウォル号の沈没事故で、死亡が確認された人は11日夜までに275人に上り、29人が行方不明のままだ。このところ犠牲者の家族が自殺を図るケースも相次ぎ、韓国の人々はさらに心を痛めているという。中国・環球時報が12日伝えた。
韓国・聯合ニュースの11日付の報道によれば、検察と警察の合同捜査本部は同日、乗客らを救助せず、置き去りにして逃げた船長ら船員15人は、今週内に遺棄致死罪で起訴される見通しとなった。
一方、犠牲者の家族が自殺を図るケースでは、娘を失った44歳の親が9日、自宅で大量の睡眠薬を飲み、自殺を図ったことが判明。また韓国メディアNEWS1の報道によれば、11日午前1時40分ごろには息子を失った51歳の親が安山市の合同焼香所付近で首つり自殺を図っているのが見つかり、病院に運ばれた。
韓国自殺予防センターの鄭沢寿主任は、「大惨事を経験した遺族らが沈没現場に近い珍島の澎木港や安山市の合同焼香所で長い時間を過ごすことは非常に危険だ。大きな精神的圧力と刺激が二次被害をもたらす可能性がある」と警告した。
また韓国ニューシスの11日付の報道によれば、中央災害安全対策本部は同日の会議で、犠牲者の家族に対して「生活安定費」や「救護費」などを含め、犠牲者1人当たり253万3400ウォン(約25万2000円)を支給することを決めた。
(編集翻訳 恩田有紀)