宮里美香、4打差を逆転すべく最終日に臨む!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇10日◇茨城ゴルフ倶楽部・西コース(6,630ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の3日目。10位タイから出た宮里美香はこの日4バーディ・2ボギーの“70”でラウンド。スコアを2つ伸ばし、4打差と首位との差は詰められなかったものの、3位タイに順位を上げた。

 宮里は前半の4番で15ヤード、5番パー5では25ヤードをグリーン外から決め、連続チップインバーディを奪取。これには「こんなこと初めてです」と本人もビックリ。5番では同組の鬼澤信子がイーグルを奪取し、グリーンの周りは祝福の歓声に包まれた。
 「伸ばせたのが大きい。3日目のスコアが動く日にスコアを2つ伸ばせたので」とこの日のプレーに手ごたえを得た宮里。明日はフォン・シャンシャン(中国)の背中を追いかけるが「彼女が崩れるのは考えられないので私が伸ばさないと。結果を意識するとズルズル行くので自分のゴルフに集中して、ブレないようにしたい」と抱負を語った。
 宮里はメジャー「日本女子オープン」で2010年と2013年の2回勝っているが、そのどちらもが逃げ切り優勝。「明日は新たなチャレンジですね。それを楽しみたい」、メジャー3度目の栄冠をつかめるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
勝みなみ、ゴルフが大好きだから「また挑戦したくなる」
勝みなみを見て自分に“喝”!成田美寿々が2位に急浮上
口コミ投稿であのボールが当たる!ここからチェック
AKBグループのあの子がゴルフに関するナゾを徹底検証
試合の写真を続々更新!女子プロ写真館