写真提供:マイナビニュース

写真拡大

山梨県富士吉田市の富士急ハイランドに今年7月、富士山を五感で体感できる日本初のフライトシミュレーションライド「富士飛行社」が誕生することが9日、明らかになった。

「富士飛行社」は、座席を包み込むような半球体構造となった直径20mの巨大スクリーンと、精密な動きをする座席が富士山周辺のフライト映像と連動することで、迫力満点の富士山飛行映像を楽しめる。さわやかな風、森林や花の香り、湖面のしぶきなども肌で感じられるさまざまな仕掛けが施され、富士山を五感で体感できるアトラクションとなっている。

飛行映像では、存在感を放つ富士山の火口や、緑に覆われた樹海、一面をピンクに染める芝桜を見下ろすことができるほか、臨場感あふれる湖面すれすれの低空飛行なども体験することができる。