●私、先輩になりました!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ガスト/エスカ&ロジーのアトリエ製作委員会
<キャスト>
エスカ:村川梨衣
ロジー:石川界人
ウィルベル:瀬戸麻沙美
ニオ:伊瀬茉莉也
リンカ:小清水亜美
マリオン:植田佳奈
ルシル:本多真梨子
アウィン:赤羽根健治
スレイア:喜多丘千陽
クローネ:山村響
レイファー:増谷康紀
ミーチェ:村仲知
カトラ:うのちひろ
ソール:松原大典
コルランド:藤沼健人
デューク:小山剛志
ハリー:真殿光昭
フラメウ:阿久津加菜

●ストーリー
大地を離れ、舞台は空へ。
誰もまだ見ぬ未踏遺跡へ。

ここは何度目かの黄昏を迎え、緩やかに終わりの時を迎えつつある世界。主人公のエスカはその世界の辺境の小さな街「コルセイト」に住んでいる少女。
母親譲りの古い錬金術を使い人々の役に立ちたいと頑張っていたところ、コルセイト開発班に正式に役人として配属されることになった。
また同じタイミングで、「中央」で最新式の錬金術を学んでいた青年ロジーが派遣されてくる。
開発班で出会った二人は、協力して開発班とコルセイトの街をもり立てていこうと約束する。

錬金術が紡ぐ、少女と青年の物語。
●オープニング
コルセイトのアトリエ、エスカが巨大なパンケーキを作成してつまみ食いをしていると、背後から突如、小柄な少女が現れます。
●後輩がやって来た!
少女の名はルシル。コルセイトの開発班にやってきた新人です。

マリオン「ルシルはエスカやロジーの後輩になります。」
ルシル「ロジー先輩、エスカ先輩、よろしくお願いします!」


このルシル、新人としてはかなり優秀で中央では医術を学んでいたとの事。そのため彼女はエスカ、水源を浄化させた錬金術の話について尊敬しているようです。

※なお、ルシルはお金持ちのお嬢様と思われる節が多々見られ、金銭感覚がエスカ達とは大幅にずれています。
●伝染病の予防薬
コルランド「中央から伝染病の予防薬を作るように依頼があった!」
ルシル「私にやらせてください!」


新人ながら医術の知識が高いルシルに任せる事に!

そこでルシルは1人で数日間研究室に籠ってレシピを研究をしていますが…。

エスカ「ルシルちゃん、大丈夫?」
ルシル「大丈夫です…。」


ルシルは目の下に隈が出来るくらい、かなり無理をしているようです。

そして、締め切りも近い頃、マリオンが確認をしてみると研究室にルシルは不在。しかも、

マリオン「これ、全然出来てないんじゃない?」

慌ててルシルの様子を見に来たエスカとロジーですが、

ルシル「エスカ先輩〜…。」

どうやらルシルは新しい薬の開発が上手くいかなかった様子。彼女は特に古代語の解読が不得意(現代医学に置き換えるとドイツ語が苦手といったところでしょうか?)なのが大ブレーキの原因。

ルシル「私は1人で出来なかったから…。」
ロジー「違う!ルシルは1人でしようとしたから駄目だったんだ!」


※ロジーには過去において、何かのトラウマがあるようです。

そこでエスカとロジーはウィルベルやニオ、アウィン等に頼んで伝染病の予防薬を合同(チーム)で作ることに!

※合同で行なったからこそ、素晴らしい予防薬が完成したともいえます。

その予防薬の依頼主がエルネラ商会。ルシルの父からの依頼だったのです!

漸く父に認められたルシル、彼女は一つ上のステージに立ったのです。

「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第4話「ところで俺の尻尾を見てくれ。こいつをどう思う?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第3話「錬金生物」(ネタばれ注意)
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第2話「清浄の小瓶」(ネタばれ注意)
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第1話「ようこそアトリエへ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」TVアニメ公式Webサイト
「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」AT-X公式Webサイト