写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは、すべてのフィギュアユーザーのために、倉庫業63年の実績と信頼を持つ寺田倉庫株式会社と共同で、新しい倉庫サービス「魂ガレージ」を5月9日16:00よりスタートした。

このサービスは、すべてのフィギュアユーザーためのユーザーフォローサービスで、ユーザーから寄せられる「置き場所がない」「何を買ったかわからなくなった」といった要望に応えるため、寺田倉庫と共同で提供する新しい倉庫サービス。ユーザーのフィギュアコレクションを寺田倉庫に保管し、Web上でリスト化するという、コレクションの可能性が広がる新サービスとなる。

サービス内容は、月額300円の「スタンダードコース」と月額600円の「デラックスコース」を用意。申し込み登録後、専用のダンボールボックス(スタンダード:300円、デラックス:600円)を購入し荷物を入れて返送すると、月額のサービス料のみで保管してくれるサービスとなる。さらに、スタッフがダンボールボックスを開梱してアイテムを一つずつ写真撮影し、ネット上で「何が入っているか」を確認することもできる。

保管環境は、倉庫業63年の実績と信頼を持つ寺田倉庫が、温度・湿度を徹底管理した倉庫で保管し、多重のセキュリティシステムを組み合わせものを採用。預かったボックスは、安心のダブルカートンボックスを使用し、サイズも魂ネイションズの商品パッケージがちょうどよく収まるサイズになるという。運営から保管までは、寺田倉庫が全面的に管理する。

「スタンダードコース」はボックス料が一箱300円で、保管料は一箱につき一カ月300円。ボックスサイズ(外寸)は22cm×58cm×40cmで、撮影点数は30点まで。そして「デラックスコース」はボックス料が一箱600円で、保管料は一箱につき一カ月600円。ボックスサイズ(外寸)は44cm×62cm×44cmで撮影点数は60点までとなる。

なお、「魂ガレージ」のスタート記念して初回ボックス料無料のキャンペーンを実施。2014年5月9日〜6月10日までにスタンダードコースの申し込み対象者限定で、初回ボックス料が無料となる。上限は一人最大3ボックスで900円分まで。詳細は「魂ガレージ」の公式サイトまで。