渡辺謙がトランスフォーマーに、二刀流のサムライ“ドリフト”役で。

写真拡大

日本で誕生し30周年を迎える今夏、シリーズ4作目となるハリウッド超大作「トランスフォーマー/ロストエイジ」が公開される(※日本公開は8月8日)。そんな本作に新キャラクターとして登場する2体のオートボットの声優に、俳優の渡辺謙とジョン・グッドマンが起用されたことがわかった。

これは現地時間5月8日、メガホンを執ったマイケル・ベイ監督が発表したもの。渡辺が演じるのはオートボット・ドリフト役だ。ドリフトは世界最速の車ブガッティ・ヴェイロンからヨロイ兜の姿にトランスフォームする二刀流のサムライで、今回、映画シリーズには初登場となる。

名優ジョン・グッドマンが演じるのはオートボットのハウンド役。オートボットはオプティマスプライム率いる、人類を守るために戦ってきた正義のトランスフォーマー種族だ。また、新悪役・ガルバトロンの声をフランク・ウェルカー、全シリーズでオプティマスプライムの声を演じたピーター・カレンの続投も同時に発表された。

マイケル・ベイ監督は「渡辺謙とジョン・グッドマンというふたりの才能ある俳優を『トランスフォーマー』の世界に迎えることができて本当に嬉しいよ。さらに、この業界で最も才能にあふれた“声”がオートボット達に命を吹き込み、さらには、新しいキャラクターを世界中のファンに紹介できることができて本当に幸運だ」とコメントを寄せている。