<ザ・プレーヤーズ選手権 初日◇8日◇TPCソーグラス>
 米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」は初日を終了し、9アンダー“63”を叩きだしたマーティン・カイマー(ドイツ)が単独首位に立った。7アンダーの2位にラッセル・ヘンリー(米国)、ベ・サンムン(韓国)が6アンダーで3位につけている。
 ジョーダン・スピース(米国)らが5アンダーで4位タイグループ、マスターズ覇者のバッバ・ワトソン(米国)は3アンダーの19位タイで初日を終えた。日本勢で唯一出場している松山英樹は序盤スコアを落とすも、後半に巻き返し“70”の2アンダーでローリー・マキロイ(北アイルランド)らと並んで29位タイとなっている。
 なお、ウェイティング1番目で繰り上げ出場を待った石川遼の出場はならなかった。
【初日の順位】
1位:マーティン・カイマー(-9)
2位:ラッセル・ヘンリー(-7)
3位:ベ・サンムン(-6)
4位T:リー・ウェストウッド(-5)
4位T:ブライアン・スチュアード(-5)
4位T:ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(-5)
4位T:ゲーリー・ウッドランド(-5)
4位T:ジョーダン・スピース(-5)
4位T:スコット・スターリングス(-5)
4位T:ジャスティン・ローズ(-5)
4位T:セルヒオ・ガルシア(-5)
19位T:バッバ・ワトソン(-3)他
29位T:松山英樹(-2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】石川遼、松山英樹らの歩みに見る米ツアーの厳しさ
【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地