マスターズ(4月10日〜13日/ジョージア州)、RBCヘリテージ(4月17日〜20日/サウスカロライナ州)と2試合連続予選落ちを喫した松山英樹が、5月1日から(5月4日まで)ノースカロライナ州で開催されたウェルズ・ファーゴ選手権に出場。初日に3アンダー、7位タイと好スタートを切ったものの、2日目以降はスコアを伸ばせず、結局通算2アンダー、38位タイに終わった。

 前週のチューリッヒクラシック(4月24日〜27日/ルイジアナ州)を予定どおり休暇にあてた松山。おかげで、今大会には心身とも万全な状態を整えられたようで、そうしたコンディションのよさがそのまま初日の結果に表れた。

 特に10番スタートの前半は完璧に近かった。ティーショットはほぼフェアウェーをとらえて、4つのバーディーを奪った。後半こそ、短いパーパットを2回外す(2番と6番)などしてスコアを落としたものの、トータル69というラウンドには松山も満足そうな表情を浮かべた。

「後半はショートゲームでミスがあったけれども、これだけいいプレイができたのは久しぶり。今日の結果だけで、すべてがよくなったとは言えないけど、実戦で一日でもいいプレイができたことは自信になる。調子がよくなった要因は、たくさんあります。前回(RBCヘリテージで)予選落ちした中で見えたことがいろいろとありましたから。また、(予選落ちしたことで)1週間のブレークが少し長くなったので、肉体的にも、精神的にも、リラックスしながら練習できた。それが、よかったのかもしれない」

 2日目も引き続き調子を維持していたが、1番スタートの前半、ふたつのロングホールでボギー。スコアを伸ばすチャンスを逃し、通算3アンダーのままで順位は17位タイに後退した。

「パットに関しては、ロングパットだけはよかった。でも(全体的には)『今日は(パットが)よくない日が来たかな』という感じだった。明日はどうなるかわからないけど、自分ができることをしっかりやって調整していきたい」

 予選ラウンド2日間を終えて、ショートパットを課題に挙げた松山。しかし、決勝ラウンドでも課題克服はならなかった。3日目も1アンダー、1ボギーのイーブン。38位タイまで順位は下がった。

「短いパット? あまりよくない。(グリーンが)読みづらいのもあるけど、自分のストローク、距離感が合っていない。ストレスが溜まる一日で、(そのはけ口が)食べ物にいってしまった(笑)。ランチでやけ食いした。太りますね......」

 迎えた最終日は、パットだけでなく、ショットも乱れた。体のキレが悪く、前半2番ホールから3連続ボギーを叩いた。その後、5つのバーディーを奪って盛り返したものの、17番パー3でダブルボギー、続く18番もボギーとし、最終的にはスコアをひとつ落としてフィニッシュした。

「途中は悪いなりにパッティングで凌いでいたんですが、スタートと上がりが最悪の一日でした。17番(のダブルボギー)は、ティーショットを打ってはいけないところに打った時点でダメなんですけど、パーを取るチャンスはあった。でも、自分の思いどおりに打ったアプローチが寄らず、そのあとのパットも入ると思って打ったのに、グリーンがあまりに遅くて(だいぶ手前で)止まってしまった。あれには、ビックリしました。何にしても、ショートゲームがよければ、もっと盛り返せたはず。そこら辺は、最後まで諦めずにやるのが大事だな、と改めて感じました」

 それでも、心配された左手首の痛みはもうないようで、一時の不振からは脱しつつある松山。ショートパットが決まってくれば、再び上位争いを演じても不思議はない。

「自分の求めるところには全然足りないし、結果にもつながっていませんが、トータルで見ればアプローチはよかったし、全体的にもいい傾向にきていると思います。パッティングもオーガスタ(マスターズ)のときよりいい感じで打てていると思うので、今後もさらに練習して、精度を上げていきたい。そして、少しずつ、少しずつがんばって、結果を出せるようにしていきたい」

 次なる戦いは、4大メジャーに続くビッグタイトルと言われる、ザ・プレイヤーズ選手権(5月8日〜11日/フロリダ州)。大舞台でこそ真価を発揮する松山が、完全復活へのきっかけをつかむことを期待したい。

text by Sportiva