●紅黒の暗殺者

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会
<キャスト>
里見蓮太郎:梶裕貴
藍原延珠:日高里菜
天童木更:堀江由衣
ティナ・スプラウト:黒沢ともよ
蛭子影胤:小山力也
蛭子小比奈:悠木碧
室戸菫:甲斐田裕子
聖天子:豊崎愛生
天童菊之丞:大木民夫
伊熊将監:手塚ヒロミチ
千寿夏世:潘めぐみ
片桐玉樹:細谷佳正
片桐弓月:大久保瑠美
薙沢彰磨:三木眞一郎
布施翠:小倉唯
我堂長政:玄田哲章
壬生朝霞:水瀬いのり
司馬未織:小清水亜美
多田島茂徳:松山鷹志

●ストーリー
突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。
赤く輝く目と圧倒的な力、そして桁外れの再生能力を持つ彼らの侵攻に、人類はなす術もなく大敗を喫する。
国土の大半を失った現在、人類は彼らが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた、狭い「エリア」の中で、ガストレアの脅威に怯え、隠れながら生きることを余儀なくされていた。
そんな中、生き残りをかけた人類のささやかな抵抗として組織されたのが、ガストレアへの対抗手段を持ったスペシャリスト集団「民間警備会社」――通称、民警。
そのひとつ、天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、相棒の少女・藍原延珠と共に、東京を壊滅に追い込まんとする、危険な企みに巻き込まれていく――。
●オープニング
早朝の訓練風景。

模擬弾を回避しながら里見蓮太郎に回し蹴りを食らわす藍原延珠。

藍原延珠「どうじゃ、わらわの実力は?」
里見蓮太郎「スカートでハイキックするのは止めとけ!」
藍原延珠「…嬉しいくせに!」


という事は、彼は彼女のパ○ティを…。
●ティナ・スプラウト
藍原延珠を受け入れる学校が中々見つからない状態ではありますが、

天童木更「先立つ物はお金でしょ!聖天子様直々のご指名のお仕事よ。」

その依頼の説明を受けにやってきた里見蓮太郎。初めは渋々でしたが、護衛の者に脅迫されたことを切っ掛けに依頼を引き受ける事に!

その帰り道、ゴロツキに囲まれているところを偶然拾った子供。その子供は金髪碧眼の少女でパジャマ姿。名前はティナ・スプラウトという事だけは分かりましたが…。

ティナ・スプラウト「今日はとても楽しかったです、蓮太郎さん。」

ティナ・スプラウト、実は彼女もイニシエーターであり、アメリカ人の「呪われた子供」。聖天子の暗殺のため日本にやってきたのですが…。
●司馬未織と天童木更
職務質問をしてきた警察官を意識不明の重体にする事件が発生。もちろん、それは「呪われた子供」という事だけはわかっていますが…。

藍原延珠「どうして仲良く出来ないんじゃろう。」

里見蓮太郎と藍原延珠の夕食時、玄関のチャイムが鳴る音が!

司馬未織「里見ちゃ〜ん…。」

彼女は熱があり、そのまま倒れます。

そして天童木更も大量の牛肉を持参して、

天童木更「これですき焼き作って!」

と空腹のあまり倒れます。

実は司馬未織と天童木更は極めて仲が悪いのですが…。行動は似ていますね!

司馬未織「うちの会社で作ったガバメント弾、どうや?」

※彼女の家の会社は司馬重工という大手武器製造メーカー。そのおかげで民警は武器の使用がしやすくなっています。

その後、司馬未織と天童木更が大喧嘩となったのは言うまでもありません。
●聖天子、襲撃される!
聖天子は大阪エリアの統治者である斉武宗玄との交渉の場に立ちます。その場に護衛として里見蓮太郎も立ち会いますが…。

聖天子「私は同じ空を見上げた同胞として思い出して欲しかったのです。」
里見蓮太郎「行き過ぎる理想主義者は早死するぜ。立ち回れよ。」


藍原延珠が起きるも、

藍原延珠「蓮太郎はおっぱ○星人だから木更以下の胸だと女と認識しないぞ。」

それは彼女なりに聖天子の注意を逸らす方便。

藍原延珠「蓮太郎、嫌な臭いがする。」

そのとき、突如彼等を乗せた自動車が襲撃されます。幸いにも被害は最小限に抑えられましたが…。

その犯人はティナ・スプラウトだったのです。

「ブラック・ブレット」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ブラック・ブレット」第4話「里見蓮太郎、苦渋の決断!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラック・ブレット」第3話「彼の横には」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラック・ブレット」第2話「藍原延珠、姿を消す!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラック・ブレット」第1話「呪われた子供」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ブラック・ブレット」TVアニメ公式Webサイト
「ブラック・ブレット」AT-X公式Webサイト