「アナ雪」ついにアバター超え、興行収入200億円突破にも現実味。

写真拡大

世界興収で歴代アニメーション映画史上No.1に輝き、日本でも快進撃を続けるディズニー映画「アナと雪の女王」。ゴールデン・ウィークを終え、5月6日(火・祝)までで、動員1,265万人、興行収入159億円を突破し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの歴代興収No.1の座に輝いた。また「アバター」の156億円を超え、日本歴代興行収入の8位にランクインしている。

公開8週目を迎えたゴールデン・ウィーク後半も、親子連れから友だちグループをはじめ、老若男女を問わず幅広い客層が来場。朝から夜まですべてのバージョンで満席の劇場が相次ぎ、当日に劇場窓口でチケットが購入できない劇場も続出した。

5月6日(火・祝)までの累計動員は1,265万1,168人、興行収入は159億3,691万0,450円。5月5日(月・祝)の一日での興行収入は6億9,922万6,600円で、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン史上歴代3番目の記録を達成した。1位の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」は3日目で7.5億円、2位も同作品で2日目の7.24億円、4位の「アリス・イン・ワンダーランド」は1日目の6.59億円という数字を見ても、公開後53日目の数字としては驚異的な成績と言える。

幅広い支持を集めている「アナと雪の女王」。今後200億円突破も、いよいよ現実味を帯びてきている。まだまだその動向から目が離せなそうだ。

☆「アナと雪の女王」記録の数々

・ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン歴代興行収入1位(※更新中)
・日本歴代興行成績 現在8位(※更新中)
・日本での洋画アニメーション映画 歴代1位(※更新中)
・「アナと雪の女王」インターナショナルで1位(※米国除く)
・全世界歴代アニメーション映画 歴代1位
・全世界歴代興行収入記録 現在6位
・第86回アカデミー賞 W受賞(主題歌賞&長編アニメーション賞)
・オリコン週間アルバムランキング(5/12付)1位

☆日本歴代興行収入記録 (※5/6興行通信社調べ)

1位「千と千尋の神隠し」304億円
2位「タイタニック」262億円
3位「ハリー・ポッターと賢者の石」203億円
4位「ハウルの動く城」196億円
5位「もののけ姫」193億円
6位「踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」173億円
7位「ハリー・ポッターと秘密の部屋」173億円
8位「アナと雪の女王」159億円
9位「アバター」156億円
10位「崖の上のポニョ」155億円