写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは、今年で生誕40周年にあたる玩具「超合金」シリーズで、初めて芸術作品とコラボーレションした新商品『超合金 太陽の塔のロボ』を、2014年9月27日に発売することを発表した。価格は18,360円。

本商品は、その名のとおり、日本を代表する芸術家・岡本太郎氏の代表作品であり、1970年に日本万国博覧会のシンボルとして大阪に建造された「太陽の塔」をまさかの超合金化。その造形に魅せられたデザイン担当者が「『太陽の塔』がロボットだったら?」という発想から立案し、「太陽の塔」の造形美を生かしながら、その魅力を独自の解釈で余すことなくデザインに落としこんでいるという。デザインは、岡本太郎記念館館長・平野暁臣氏にも高く評価され、同氏の完全監修のもと商品化が実現した。

超合金の冠していることから、本商品はダイキャスト(亜鉛合金)で再現されていることに加え、驚くべきギミックとして「塔形態」から「ロボ形態」、そして「超兵器発動形態」に三段変形する。「塔形態」は手足を塔内に格納している状態、「ロボ形態」はその手や足を展開した状態、そして「超兵器発動形態」は胴体上部と中央部の開閉式パネルを開いて、内臓されている超兵器を発動する状態となる。もちろん商品化におけるオリジナルの設定だが、手足は間接が可動し、飾るだけでなく、動かして遊べる夢の変形ロボットに仕上がっている。

今年で生誕40周年にあたる「超合金」シリーズは、第一弾として1974年に商品化された『マジンガーZ』が、アニメの中で"超合金でつくられた"という設定から商品名にも冠している。『超合金 マジンガーZ』は発売初年度に50万個を販売する大ヒット商品となり、その後もさまざまなキャラクターを商品化。これまでに約500種類の商品が発売されており、同じく40周年記念として、2014年6月21日に発売される『超合金ハローキティ』も話題となっている。

なお、本商品は2014年5月10日、11日の2日間にわたって東京・ベルサール秋葉原で開催されるバンダイの大人向けコレクターズ・アイテムのイベント「魂の夏コレ 2014」で一般公開される予定。

(C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI