いくら親でも借りるのに抵抗を感じる金額1位「100,001円〜300,000円」

写真拡大

子供の頃、お小遣いが足りなくなると親に前借りしたものです。そのときは何の罪悪感もなかったけど、大人になった今では「お金を貸して」とは言いにくい……。どのくらいの金額から抵抗を感じるものなのでしょうか。

読者514名に聞きました。

Q.いくら親でも借りるのに抵抗を感じる金額を教えてください(単一回答)
1位 100,001円〜300,000円 16.9%
2位 10,001円〜30,000円 16.7%
3位 0円 15.4%
4位 50,001円〜100,000円 9.7%
5位 1,000,001円〜3,000,000円 7.2%

■100,001円〜300,000円
・「10万は簡単に用意できる金額じゃないから」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「返せるけど悪い気がするから」(28歳女性/学校・教育関連/クリエイティブ職)
・「10万こえるとダメな気がする。返すのもなあにあになりそうだし」(28歳女性/金融・証券/事務系専門職)

■番外編:1円も借りたくない(0円)
・「親子でも借り貸しはよくないです」(47歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「お金は誰にも借りてはいけないと教わった」(27歳女性/金融・証券/営業職)
・「お金でも自立していたいので」(44歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

どんなにピンチに陥ったとしても、10万円以上はさすがに借りられないと感じるようですね。お金を稼ぐことの大変さを知っているからこそ、気軽に「貸して」とはいえません。親に頼らなくてもいいように、お金の管理をしっかりしたいものです。

調査期間:2014/4/7〜2014/4/16
有効回答数:男性147名、女性367名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)