「朝食の女王」の味を堪能しよう

写真拡大

"ニューヨークの朝食の女王"と呼ばれる米国生まれの人気レストラン「サラベス」は、代官山店で2014年5月8日から、ルミネ新宿店で同12日から、それぞれ店舗限定新作メニューを販売する。

ふわふわ濃厚至極の味わい

「サラベス」はパンケーキやフレンチトーストなどアメリカのクラシックな朝食メニューを提供するレストランとして知られている。

代官山店で発売されるのは「クレームブリュレ フレンチトースト」。バニラビーンズ、卵黄、生クリームを使って香り豊かで濃厚に仕上げたアパレイユにパンを浸し、外をパリパリに中をしっとりふわふわに焼き上げた。添えられたバニラキャラメルソース、ブルーベリーソース、サワークリームの3種のソースをつけるとより一層風味が増す。クレームブリュレのとろけるような甘さとコクを感じられる一品だ。

ルミネ新宿店で発売されるのは「ハニーミルクパンケーキ」。蜂蜜を混ぜ込んだメレンゲを生地の中に加え、より繊細な食感、豊かな風味を目指した。パンケーキにはピーカンナッツを加えたそぼろ状のクッキー生地「ストゥリューゼル」とフレッシュバナナがトッピングされており、食感のコントラストを感じられる。添えられたハニーシナモンバターと一緒に食べることで重層的な風味を楽しめる。

価格はともに1450円(税込)。営業時間は両店とも9時から22時(食事のラストオーダー21時、ドリンクのラストオーダー21時半)。