●新しい友達。

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©葉月抹茶・スクウェアエニックス/「一週間フレンズ。」製作委員会
<キャスト>
長谷祐樹:山谷祥生
藤宮香織:雨宮 天
桐生将吾:細谷佳正
山岸沙希:大久保瑠美
藤宮志穂:中原麻衣
井上潤:間島淳司
芹沢舞子:角元明日香
西村藍:田辺留依
九条一:浅沼晋太郎

●ストーリー
僕らは一週間を繰り返す。
何度も、何度でも―。

高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。
少年との思い出を失い続ける少女と、その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年―。
たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰まった、珠玉のストーリー。
●オープニング
長谷祐樹と藤宮香織の間のルール。それは教室内で2人は絶対に話しかけてはいけない。そのため(おそらく)必要以上に付き合いにくい印象を与えている藤宮香織ですが…。

山岸沙希「見つけた。ここにいたんだ、藤宮さん。」
●新しい友達。
成績不振極まりない長谷祐樹ですが、先生のご指導より藤宮香織との昼食を選びます。

一足先に屋上へやってきた藤宮香織の前に現れたのは。

山岸沙希「私、山岸沙希。藤宮さんとお話があって来ました。良かったら私とお友達になって下さい。本当はお姉ちゃんが良いけど、お母さんでも良いかな。」

そして遅れて屋上にやってきた長谷祐樹と桐生将吾。

山岸沙希「そちらの男子2人、お名前は?」

※同じクラスですが名前を覚えていないようです。

少々ぼんやりしている印象のある山岸沙希ですが、藤宮香織はとりあえずそのまま付き合ってみることに。
●ルール破り
山岸沙希「おはよう、藤宮さん。」
藤宮香織「や、山岸さん!」

山岸沙希に後ろから捕まえられた藤宮香織。彼女は教室内でのルール(話しかけないルール)もお構い無し!

※というより彼女はルール自体を覚えられないようです。

それが衝撃であり、新鮮でもあるのですが、

藤宮香織「山岸さんと友達になれたら嬉しいな。」
長谷祐樹「そのルール、破っちゃえば!」

そこで藤宮香織は思い切って山岸沙希に対して、1週間で友達の事を忘れる症状を告白するも、

山岸沙希「じゃあ、私と一緒だね。私もしょっちゅう人の名前を忘れるし、物覚え悪いし。」

初めて自分を受け入れてくれる女の子の友達が出来た藤宮香織。そして山岸沙希は長谷祐樹用の弁当も平らげ、明日の放課後のデートまで約束します。
●デート?
藤宮香織と山岸沙希のデートを尾行する長谷祐樹。2人はクレープ屋さんに行き、お互いのクレープを交換して食べあいます。

長谷祐樹「アッー!」

それから2人は買い物をしたり、着ぐるみを来たりしますが…。

山岸沙希「何してるの?」
藤宮香織「今日の事を思い出せるように日記に書いておくの。」
山岸沙希「こんな楽しい事、きっと忘れないよ。」


こんな楽しい思い出も月曜日には忘れてしまう。それを思い、泣き出す藤宮香織ですが…。
●半分このクレープ
そして翌週の月曜日、

山岸沙希「おはよ〜。」
藤宮香織「…あの、どちら様ですか?」


もちろんこうなる事は分かっています。ところが、

山岸沙希「すごい。本当に忘れている。山岸沙希だよ、クレープ半分こにした。」
藤宮香織「クレープ!覚えてる!」


何と藤宮香織の反応を見ても全く動ぜず、僅かながら記憶が維持されている事を見て、山岸沙希も喜びます。そして、

藤宮香織、長谷祐樹の事も僅かに覚えている!

繰り返され忘れ去られてきた彼女の中の一週間の記憶。これは彼女の中に何かの変化の兆しがある、という事でしょうか。

「一週間フレンズ。」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「一週間フレンズ。」第4話「彼女の心の日記」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第3話「桐生将吾、失礼ながらも…」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第2話「藤宮香織、日記の記憶」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第1話「藤宮香織、初めての友達」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「一週間フレンズ。」TVアニメ公式Webサイト
「一週間フレンズ。」AT-X公式Webサイト