●入学編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
渡辺摩利:井上麻里奈
服部刑部少丞範蔵:木村良平
十文字克人:諏訪部順一
七草真由美:花澤香菜
市原鈴音:中原麻衣
中条あずさ:小笠原早紀
九重 八雲:置鮎龍太郎
森崎駿:大原崇
壬生紗耶香:戸松遥
桐原武明:杉田智和
小野 遥:丹下桜
司 甲:加藤将之

●ストーリー
魔法。それが伝説や御伽話の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。
今年も新入生の季節が訪れた。
国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。
そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
●オープニング
司波達也「3回目でやっと合格か…。」
柴田美月「達也さん、意外と実技は苦手なんですね。」

確かに司波達也は実技が苦手ではありますが、柴田美月の見解では彼は魔法式を直接構築することで一般的な速度より遥かに速く魔法を発動させることが出来ると見ています。

尤も複雑な魔法式の構築については彼の能力を持ってしても困難なようで、出来るのはせいぜい5工程まで。

そんな彼に憧れる美少女、柴田美月。
●籠城
壬生紗耶香「私達は学校に待遇改善を要求しようと思う。」
司波達也「待遇改善とは具体的には?」

女子剣道部の壬生紗耶香と話をする司波達也。彼女の主張は二科生の持つ不満を解消するためのように見えるものの、彼はそんな彼女の主張とは相容れないものと答えます。

それから暫く後、不穏分子が放送室で籠城をする事件が発生!

十文字克人「不法行為は見過ごせないが、交渉に応じる用意はある。」

そこで司波達也は不穏分子の中にいた壬生紗耶香を通じて、放送室にいる連中を引き出し、拘束に成功します。
●公開討論会
七草真由美「それで明日、公開討論会を開くことになったの。」

生徒会長である七草真由美1人で先日の籠城事件に参加した連中との公開討論会を対応する事に!

一方、男子剣道部主将の司 甲は柴田美月を勧誘しようとするものの…。

さて、公開討論会は七草真由美の講演会となってしまったものの、彼女は退任時に生徒会役員選任における差別規定の撤廃を約束します。

これで無事に終了と思いきや、突如学内で爆弾テロが!

「魔法科高校の劣等生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第4話「よくわかる現代魔法」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第3話「風紀委員のお仕事」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第2話「クラスの壁を破る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第1話「魔法による格差社会」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「魔法科高校の劣等生」TVアニメ公式Webサイト
「魔法科高校の劣等生」AT-X公式Webサイト