マンゴーピューレも使用

写真拡大

キリンビバレッジとサークルKサンクスは2014年5月13日、共同開発したフルーツティー「キリン 午後の紅茶 オリエンタルマンゴーティー」を発売する。

アルフォンソマンゴー

稀少茶葉の「ディンブラ・クオリティ−シーズン」を使用した。

マンゴーの王様といわれる「アルフォンソマンゴー」のピューレをブレンドして果実感を実現した。マンゴーの濃厚なとろみをすっきりした味わいの紅茶で「後切れよく仕立てた」という。「午後の紅茶」シリーズで果実ピューレを使用したフルーツティーは初めて。

パッケージにはマンゴーの果肉と、アジアンリゾートを想起させる花々をあしらった黒地を背景にした、高級感あふれるデザインを採用。

価格も140円(税抜き)。