<FedexCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」終了時点での最新FedexCupポイントランキングが発表された。同大会で度重なるアクシデントから復活を果たしツアー3勝目を挙げたJ・B・ホームズ(米国)が500ポイントを獲得し、先週の83位から65人を抜き去り18位に急浮上した。1位のジミー・ウォーカー(米国)ら上位6位までの選手には変動なく順位をキープしている。
 同大会38位タイで終えた松山英樹には31ポイントが加算され、トータル511ポイントで1つ順位を上げ54位となった。また、国内ツアーに出場のため米ツアーを欠場していた石川遼はポイントは変わらず、先週の29位から2つ下げ31位となった。
【FedexCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(2,046pt)
2位:バッバ・ワトソン(1,840pt)
3位:マット・クチャー(1,436pt)
4位:パトリック・リード(1,364pt)
5位:ダスティン・ジョンソン(1,334pt)
6位:ハリス・イングリッシュ(1,290pt)
7位:クリス・カーク(1,189pt)
8位:ジョーダン・スピース(1,173pt)
9位:ザック・ジョンソン(1,095pt)
10位:マット・エブリー(1,051pt)
18位:J・B・ホームズ(845pt)
31位:石川遼(667pt)
54位:松山英樹(511pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
脳腫瘍、骨折乗り越え…J・B・ホームズが復活V!松山英樹は38位タイ
松山、出だし3連続ボギーから巻き返すも“グリーンマイル”で失速
女子プロの秘蔵写真を公開!「写真館」
ゴルフ好きの美女が集合!美ゴ女
口コミ投稿であの人気ボールが当たる!