化粧品メーカーの老舗として140年以上の歴史を持つ資生堂。だが、ここ数年は国内事業で苦戦を強いられるなど、攻めの経営姿勢が求められてきた。

 そんな中、今年4月より新社長に就任したのは同社の生え抜きではなく、日本コカ・コーラの社長などを歴任し、経済界から“プロ経営者”としての誉れ高い魚谷雅彦氏(59)だった。

 魚谷氏とはどんな経歴の持ち主なのか。そしてプロ経営者の代表格ともいわれてきた日本マクドナルドの元社長、原田泳幸氏(65)との共通点はあるのか。経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏が比較する。

 * * *
 よく聞く “プロ経営者”の定義は、雇われのサラリーマン社長で結果を出し続けるトップと言えるかもしれない。その多くは、外資系のようなドライで成果主義をモットーにする企業で鍛えられた経営者たちだ。

 大手企業の事例では、日本GE(ゼネラルエレクトリック)から住設大手のLIXILグループ社長に転じた藤森義明氏、ジョンソン・エンド・ジョンソンからカルビーの会長兼CEOになった松本晃氏もそうだが、知名度で言えば、この6月にベネッセホールディングス会長兼社長に転じる、前日本マクドナルドホールディングス社長の原田泳幸氏が筆頭格。

 同氏は日本NCRを振り出しに横河・ヒューレット・パッカードなどを経て、アップルコンピュータの米国本社副社長兼日本法人社長も経験し、10年前の2004年に日本マクドナルドの再建請負人として登板、2年前まで8期連続の既存店増収を果たして“原田マジック”と称されもした。

 この原田氏に代わって、今後大きな注目を集めるだろう人が、元日本コカ・コーラ会長でこの4月、創業142年の老舗の資生堂で初めて外部から社長に就いた、魚谷雅彦氏である。

 不振に喘いでいたかつてのマクドナルド同様に業績が沈滞し、若い層に「シニア&チャイナ向けブランド」とネットの掲示板などで揶揄されることもあった資生堂。逆に、かつては“訪販のおばさん”イメージの強かったポーラが基幹ブランドを確立し、訪販もエステ併設店舗に大転換して30代女性をつかみ、売上げで3位に浮上するなど、化粧品業界の勢力図はジワリと変わりつつある。

 そんな中で、魚谷氏が資生堂をどう立て直すのか、関係者ならずとも注視している。

 では、魚谷氏はこれまでどんな軌跡を辿ってきたのか。同氏は同志社大学文学部を卒業後、一度ライオン(当時はライオン歯磨)に入社しているのだが、これは留学が目的だった。企業の留学制度活用で手っ取り早いのは当然、世界に根を張る商社だが、法・経・商の学部指定があるため、文学部出身の魚谷氏は留学制度のある企業をさらに絞り込んだ。

 留学先に米国のコロンビア大学を選んだのは、ライオンの看板商品の1つ「バファリン」を日本で発売するために作った合弁会社の相手である、ブリストル・マイヤーズの本社がニューヨークにあり、大学での勉強のほか、このBM社を通じて活きた勉強もできるという考えからだった。

 当然、MBA(経営学修士)も取得している。日本コカ・コーラには20年前の1994年に副社長として転じ、2001年には同社で26年ぶりの日本人社長として抜擢される。さらに2006年から2011年までは会長を務めた。社長、会長の在任期間がちょうど10年だから、原田氏が陣頭指揮した年数と同じだ。

 かたや、海外留学も経験したエリート的な魚谷氏、かたや外資系を渡り歩いて鍛えられた原田氏と、一見対照的にも映るが、それぞれがトップを務めたコカ・コーラ、マクドナルドと言えば、米国の食を象徴する2大メガブランド。

 そして、両氏ともに日本法人を任せられたため、自社では海外展開ができず、国内市場だけで勝負しなければいけないという点で共通点があった。