<中日クラウンズ 2日目◇2日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースで開催中の国内男子ツアー「中日クラウンズ」。大会3日目、全選手がハーフターンを終えた時点で、今季国内ツアー2戦目の石川遼が前半で3つ伸ばし通算9アンダー、首位と1打差の2位タイに浮上した。
 この日通算6アンダー4位タイからスタートした石川は出だしの1番から幸先良くバーディ発進。3番でボギーを叩きスタート時の6アンダーに落とすが、5番、7番、8番でバーディを奪い前半4バーディ1ボギーで3つ伸ばしてハーフターンをした。また、石川と並び2位タイに松村道央がつけている。
 単独首位には昨日首位に立った金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)が通算10アンダーでキープ。
 石川らと1打差の通算9アンダー単独4位にI・J・ジャン(韓国)。続く通算7アンダー単独5位には近藤共弘がつけている。さらに谷口徹が通算6アンダーで単独6位としている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
“大人”な遼、3打差4位タイに浮上!「余裕を持って」決勝Rへ
松山英樹、好調ショットで2ヶ月ぶりの決勝ラウンド進出
ギアナビがリニューアルでボールをプレゼント!ここから
ゴルフ好きの美女が集合!美ゴ女
最新の試合の写真も続々更新!女子プロ写真館