中はクリームとチーズケーキがぎっしり

写真拡大

JR西日本エリアで最大の駅ナカ商業施設、JR大阪駅構内の「エキマルシェ大阪」で、首都圏で話題になった「ハッピークレープ」が2014年5月2日から8日までの間の期間限定で販売されている。

関西芸人が販売にお手伝いするイベントも開催される

 

ハッピークレープは首都圏で人気を呼んだ低価格クレープ店で、1〜2週間ごとに売場を変える販売スタイルを行っている。エキマルシェ大阪店での販売では、5月5日から、関西の若手芸人、ミライパレードが販売に加わる。

ハッピークレープのクレープは食べきりサイズで、全11種類の中で「チョコバナナ」と「ストロベリーチーズケーキ」が定番という。

チョコバナナはざっくりと切ったバナナにチョコソースを加えながらも、甘さは控えめ。

ストロベリーチーズケーキは北海道で作られた濃厚なチーズケーキにストロベリーソースを添えて仕上げた。

チョコバナナは税込み110円、ストロベリーチーズケーキは同155円。

6月以降はJR西日本の駅構内でも、首都圏と同様の販売スタイルで随時販売を展開する予定という。