『2つ目の窓』 ©2014“FUTATSUME NO MADO”JFP, CDC, ARTE FC, LM.

写真拡大

7月26日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される河瀬直美監督の新作映画『2つ目の窓』から場面写真が公開された。

【もっと写真を見る】

1997年公開の『萌の朱雀』で『第50回カンヌ国際映画祭』新人監督賞にあたるカメラドールを受賞し、2007年公開の『殯の森』では『第60回カンヌ国際映画祭』のグランプリに輝いた河瀬監督。最新作となる『2つ目の窓』では、鹿児島の奄美大島を舞台に、16歳の界人と杏子や彼らを取り巻く大人たちの姿を通して、人と自然との共存、生と死などが描かれる。

今回公開された場面写真では、奄美大島で生まれ育った主人公・界人役を演じるUAと村上淳の長男・村上虹郎、海で死体を見つけて動揺した界人の様子を見ていた同級生・杏子役を演じる吉永淳をはじめ、杉本哲太、松田美由紀らの劇中での姿が確認できる。

なお、同作は『第67回カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門に正式出品されることが決定しており、河瀬監督は「カメラドール、グランプリの次は、パルムドール。1つの形ある賞として、そこを目指すしかないと思っています」と意気込みを語っている。