アマチュアの森田遥が4アンダー2位タイ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<サイバーエージェントレディス 1日目◇2日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>
 5月2日(金)、千葉県にある鶴舞CCで国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」が開幕。今季の「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディス」でアマチュアながら3位タイに入った森田遥が、4アンダー2位タイで初日を終えた。
初日4オーバーの勝みなみ「今日は余裕が無かった」
 朝の練習では特に調子の良さは感じなかったという森田。しかしアウトコースからスタートすると、2番で早々にバーディを奪取。続く3番のセカンドショットでは「入ったかと思った」とあわやカップインのスーパーショットを披露して連続バーディ。さらに5番もバーディとしたが、7番のショートホールで初のボギーを叩く。しかしすぐに気持ちを切り替えた森田は、8番から連続バーディを奪い、5バーディ・1ボギーでフロントナインを終える。
 後半に入ってからは「インコースにいい印象が無いのでイーブンでいけたら」という気持ちでプレー。15番でバーディを奪いスコアを伸ばすが、「刻み方を間違えた」と最終18番でボギー。作戦通りバックナインをイーブンで回ったものの「結果を見ればイーブンだけど、最後がもったいなかった」と不満顔。それでも6バーディ・4ボギーの“68”をマークして2位タイと好スタートを切った。
 最年少優勝を達成した勝みなみだけでなく、堀琴音が初日を終えて3アンダー5位タイにつけるなどアマチュア選手の活躍が目立つ今季の国内女子ツアー。「PRGRレディス」で優勝争いを演じ、この日も好発進を決めた森田には、勝に続くアマチュアでのツアー優勝に期待がかかる。
 「自分のゴルフが出来ればいけそうかなという気持ちもあるけど、優勝は本当に難しいと思う。その場になってみないと分からない」と森田は話したが、「勝さんと同じ表彰式で向こうは優勝、こっちはイーグル賞だったのはとても悔しかった」とリベンジに燃えている。
 「残り2日も今日のようなイメージで回れたら」初日の勢いそのままに、悔しさを力に変えて森田は史上5人目となるアマチュアでのツアー優勝に挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
初日単独首位の渡邉彩香、“遅い会場入り”が奏功
女子プロたちの秘蔵フォト満載!毎週更新「女子プロ写真館」
「サイバーエージェントL」初日を「LIVE PHOTO」で振り返る
ギアナビリニューアル記念!あの人気ボールをプレゼント
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」