やっちゃってるかも?女性がデートの時に守るべき食事マナー

写真拡大

デートの時、女性は服装や髪型、メイクばかりを気にしてしまいがちですが、まず必要なのが食事のマナー。

食事は一緒にいる上で欠かせないことなので、マナーが悪いと一気に男性に幻滅されてしまいます。

今回は、結婚式場選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、女性が覚えておきたいデートの時の食事マナーを紹介します。

クチャクチャ音を立てて食べない
口を閉じずに咀嚼すると、クチャクチャと音が出てしまいます。

本人は気付かなくても、周りはかなり不快です。

1度でも人に指摘されたことがあるという人は要注意!

これを防ぐには口を閉じて食べるようにすればいいだけ。

自分が音を立てて食事していないか、振り返って考えてみましょう。

出来るだけ残さず食べる
太ることを気にして、出された料理を残していませんか?

料理を残すと、男性はあまりいい印象を受けません。

男性に「もったいない」・「店が気に入らないのかな?」などと思わせてしまいます。

男性はよく食べる女性の方が好印象であるため、出来るだけ残さず食べるよう心がけましょう。

小食であまり食べられないという場合は、
最初から食べきれるよう少なめにしてもらう、または少しずつ料理を頼んで食べきれる量に調整するという工夫を凝らしましょう。

姿勢正しく席につく
親しい男性とのデートだと、ついリラックスして猫背になったり、ひじをついて食事したりしてしまいがち。

お行儀良く見せるには姿勢正しく座り、テーブルの下でもしっかり足を揃えておくこと。

そして、お箸を持たない方の手はしっかり食器に添えるようにし、片手だけで食事しないよう気をつけましょう。

携帯電話はしまっておく
食事の時にテーブルに携帯電話を出し、メールをチェックしたり、出される料理の写真を毎回撮るのはNG。

せわしない行動なので、一緒に食事をしている相手との時間をゆっくり楽しむことができません。

また、高級レストランなどでは料理の写真撮影はエレガントな行動とは言えません。

TPOを守れない女性だと思われてしまうため、食事の時くらいは携帯電話をさわらないようにしましょう。

きれいな食べ方や美しい食事マナーを身に付けるには、お手本にできるような友人や同僚の真似をするのが1番わかりやすい方法。

食事マナーに優れている人を食事に誘い、その人のしぐさを観察してみましょう。

出典元:やっちゃってるかも?女性がデートの時に守るべき食事マナー