まさに崖っぷちの戦いだった――。

 4月27日、NBLレギュラーシーズン最終戦。リンク栃木ブレックスは、勝てばプレイオフ出場が決定。しかし、敗れた場合、他会場の結果次第では、掴みかけたプレイオフへのチケットが、その手からこぼれ落ちるという状況だった。

 栃木は終始リードこそ保つものの、決定的な差を付けるまでには至らない。それでも、勝利をたぐり寄せようと、集中力を切らさず試合を運んだ。試合時間残り30秒を切り、いよいよ勝利がほぼ確実になると、栃木の選手の表情に笑みが浮かび始める。そして試合終了のブザーが鳴ると、コート上の選手も、ベンチの選手も、プレイオフ出場を勝ち取った喜びを爆発させた。

 だが、ただひとり、田臥勇太だけは笑っていなかった。

「まだ喜ぶとこじゃない。ここは通過点」

 田臥はその時、すでに1週間後を見据えていた。

「プレイオフ初戦のことが頭を過(よぎ)りましたね。目指しているのは優勝ですから」

 今シーズンの栃木を大車輪の活躍で牽引したのは、もはや、「日本バスケ界のレジェンド」と呼んでいい田臥だった。レギュラーシーズン54試合で残したスタッツは、リーグ1位の1試合平均アシスト5.94、リーグ1位の平均スティール2.02、リーグ15位の平均15.6得点は、日本人では2位の成績だった。近年、使われるようになった試合での貢献度を表すEFF(※)は、リバウンドが強いインサイドの選手が上位に名を連ねる傾向がある中、ポイントガードである田臥の19.2という成績はリーグ15位、日本人選手では1位。これらの数字だけでも、今季の田臥がいかに圧倒的な存在だったのかが分かる。

※EFF=(得点+リバウンド数+アシスト数+スティール数+ブロック数+被ファウル数)−(シュート失敗数+フリースロー失敗数+ターンオーバー数+被ブロック数+個人ファウル数)により算出される、試合の貢献度・有効性を数値化したもの。

 田臥自身、「アメリカ時代も含め、これほどコンディションが良かったシーズンは初めて」と、レギュラーシーズンを振り返る。

 キレキレの理由を尋ねると、意外にも、「歩き方です」と言う答えが返ってきた。

「今シーズンは(身体の)メンテナンスを含め、コンディション作りをより細部にまでこだわったんです。最も重視したトレーニングのひとつが、日常を含めた歩き方を矯正するトレーニング。今まで、故障がちだった踵(かかと)をかばうように歩いていたんですが、足の裏全体に均等に加重して歩く姿勢になるトレーニングを、毎日、毎日、地味ですけど繰り返しました」

 その結果、田臥は今季レギュラーシーズン全54試合に出場。平均出場時間32.46分は、リーグ5位の長さだ。

「毎日バスケができることが、楽しくて、楽しくてしょうがなかった」という田臥は、シーズン中に不思議な感覚に陥ったという。

「シーズンが終わってほしくない。このまま、ずっと続けばいいのにって思ったんです。本当に、1試合1試合が愛おしかった。そんな想いが、プレイにもプラスに働いたんだと思う」

 もちろん、好調の理由は、体調や心理面だけではなかった。今、田臥には参考にしているNBAプレイヤーがいる。それは、ナンバー1ポイントガードの呼び声の高い「CP3」こと、クリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ)だ。

「クリス・ポールのプレイは、ピック&ロール(※)やハンドオフ(※)が多いんですが、一見単純に見えて、ディフェンスのポジショニングやカバーリング、そして状況に応じてドリブルの方向やスピードを細かく変化させているんです。プレイひとつひとつの意図を探りながら見ていると、バスケットボールの奥深さを今さらながら感じますね」

※ピック&ロール=相手ディフェンダーにスクリーンを仕掛けてマークを外し、得点を狙うチームプレイ。
※ハンドオフ=ボールを保持するプレイヤーがレシーバーに直接手渡すプレイ。

 今シーズン、過去最高といって個人成績を残した田臥だが、もちろんそれは自身の「数字」のためのプレイではない。

「チームが目指すスタイルがある。どうしたら一番貢献できるか、それを考えると、何かひとつのプレイに特化するんじゃなくて、パスもシュートも全部やろうと(笑)。もちろん、自信を持ってシュートを打ちますが、ドライブしてカバーが来てハードショットになったとしても、カバーが来た分、空いた選手がオフェンスリバウンドに飛び込んでくれると信じているから、思い切ってシュートを打てるんです」

 そして、そこに今シーズンのチームの好調さがあると言う。

「シーズン中、プレイオフ圏外だった時期もありました。チームが成長途中で、目指している形に、最初はほど遠かった。ただ、誰もあきらめなかった。このまま目指すスタイルを貫けば、絶対に強くなる感触を誰もが持っていた。ブレなかったのが、今年のチームの強みです」

 田臥自身もブレなかった。2メートルを超える選手がひしめくインサイドに切れ込み、時に跳ね返されてコートに激しく打ちつけられることも、時にルーキーのようにルーズボールに頭から飛び込むこともためらわなかった。ベテランならば、そこまでしなくても......と思うほどの、ボールへの執着心を試合中に見せ続けた。

「それができなかったら終わり。できることを、できるときにやらないと。そもそも、自分をベテランだと思ってないんです(笑)」

 シーズン開幕前、「2020年の東京五輪が決まりました。出たくないですか?」と聞くと、田臥は、「もちろん狙ってますよ」と、本気とも冗談ともとれる表情で言った。

 そして今、再度同じ質問をすると、今度は真顔で答えた。

「ひとつの目標ではあります。そのためにも、ふさわしいレベルのプレイをし続けたい。東京オリンピック、目指していますよ。真剣に」

 自身のことを、ベテランだとも、レジェンドだとも思っていない。自分のことを、そしてチームのことも、「チャレンジャーだと思っている」と言う。

「僕らはイースタン・カンファレンス3位でプレイオフに出場する。チャレンジャーの立場です。でも、だからこそ、失うものもないし、守りに入る必要もない。そう考えれば、3位通過もアドバンテージです。今シーズンのNBAのプレイオフも、けっこう波乱続きですよね?」

 5月3日から始まるNBLプレイオフ――。優勝までの道のりは険しい。ただ、意気込みを聞くと、彼はこう答えた。

「今シーズンを少しでも長く楽しみたい。このチームで、1試合でも多くバスケがしたい。どのチームよりも長く」

 どのチームよりも長く......。見据えているのは、ファイナルであり、NBL初代王者の座だ。その夢が叶った瞬間、田臥勇太は初めて笑うだろう。そして、次の瞬間、こう言うはずだ。

「まだ、ここは通過点」

水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro