楽天が会員1万人を対象に母の日についての調査を実施

写真拡大

親孝行しているつもりなのに、母の評価が低い「うぬぼれ県」は富山――。楽天はインターネット・ショッピングモール「楽天市場」内の、特設サイト「母の日特集2014」開設にあたり、母の日に関する意識調査をおこなった。

"本当に喜ばれる母の日ギフト"とは

それによると、母の日の親孝行について、母親採点が全国平均より低いのに、自己評価は全国評価より高いというギャップのある"うぬぼれ県"が富山県であることがわかった。

母親側に、「あなたのお子様の『親孝行度』を採点していただくと何点ぐらいになりますか」と聞いたところ、もっとも多い回答は『100点』で、29.4%を占めた。一方、贈る側に「あなたの『親孝行度』を自己採点すると何点ぐらいだと思われますか」と聞いたところ、もっとも多い回答は「50〜59点」で、22.9%に。

母親採点の最も多い得点帯が「100点」より低く、全国平均より親孝行度評価が厳しかった県は10県(岩手、岐阜、石川、富山、福井、奈良、三重、岡山、徳島、沖縄)。一方、自己採点で最も多い得点帯が「50〜59点」より高かった都道府県は、8県(山形、長野、富山、山口、福岡、熊本、宮崎、鹿児島)。

楽天はこうした結果から、「このどちらにも名前の挙がった富山県は、『親孝行度』において、母親採点が全国平均より低いのに、自己評価は全国評価より高いというギャップがある」と分析。富山県はもしかしたら"うぬぼれ県"と言えるかもしれません。その上で、「楽天は、"本当に喜ばれる母の日ギフト"を迷わず楽しく選ぶための楽天市場の特設サイト『母の日特集2014』を贈り物選びに役立てていただき、1年に1度の素敵な想い出づくりに貢献したいと考えます。日本全国どこからでも商品が探せる楽天市場で、喜ばれるプレゼントを見つけてみてはいかがでしょうか」とコメントしている。

調査の対象としたのは全国に住む楽天会員1万44人で、調査期間は2014年2月12日から20日まで。