●ドラグーンの願い

(画像:「棺姫のチャイカ」公式Webサイトより)
©榊一郎・なまにくATK(ニトロプラス)/株式会社KADOKAWA 富士見書房刊/「棺姫のチャイカ」製作委員会

●キャスト
トール・アキュラ:間島淳司
アカリ・アキュラ:原優子
チャイカ・トラバント:安済知佳
フレドリカ、ドミニカ・スコダ:斎藤千和
アルベリック・ジレット:細谷佳正
ニコライ・アフトトル:佐藤健輔
ヴィヴィ・ホロパイネン:野水伊織
ズィータ・ブルザスコ:幸田夢波
マテウス・キャラウェイ:森嶋秀太
レオナルド・ストーラ:山本和臣

●ストーリー
終戦後にフェルビスト大陸を放浪するトール・アキュラは、乱破師として生きる目的を失った姿を妹のアカリに叱咤されながら、怠惰な日々を過ごしていた。そんな中、とある山中でトールはチャイカと名乗る謎の少女に出会う。
●オープニング
ドミニカ・スコダ「失せろ、犬ども!」

オルトロスの集団を追い払ったのは金髪も凛々しい女騎士ドミニカ・スコダ。彼女は味方なのでしょうか?それとも…。
●ドミニカ・スコダ
領主であるドミニカ・スコダの警備をかいくぐって皇帝の遺体の一部を奪い取らなければなりませんが、当事者であるチャイカは、

チャイカ「宿泊、乞う。安眠、入浴、堪能!」

※チャイカ、すごく…、観光気分です…。

屋敷に着くとドミニカ・スコダは武者姿から貴婦人のような服装へと魔法で着替えます。そんな彼女に対してアカリは、

アカリ「私達血の繋がった兄妹でありながら禁断の恋に落ち、村を抜けたのです…。」

※ちなみにアカリとトールは兄妹ですが孤児同士で血縁関係はありません。

ドミニカ・スコダ「禁断の恋か、私もそんな恋に胸を焦がしてみたいものだな。」

ともかく屋敷に泊めてもらえることになった3人。屋敷の中はまるで廃墟同然で誰もいませんが、

チャイカ「猫!」

※何故か猫だけはいます。実はこの猫の正体は…。

チャイカ「ドミニカ、良い人。戦い、回避。」
トール「ドミニカはお前の仇だぞ。」
チャイカ「………。」
●フレドリカ
翌朝、朝食を摂るトール達とドミニカ・スコダ。そこで、

トール「皇帝の遺体を頂けませんか?」
ドミニカ・スコダ「君が欲しいのか?」
トール「俺の大事な人がそれを欲しいのです。」

アカリ「大事な人…。」

もちろん、ドミニカ・スコダは拒否。そして決闘を要求します。

※ちなみに、トールにとってチャイカを「大事な人」と表現したことでアカリとチャイカにとって微妙な空気を生み出してしまったようです。

その日の夜、トールとドミニカ・スコダは決闘をすることに!

ところがトールはドミニカ・スコダに違和感を感じています。

トール「何故彼女はチャイカを見て驚かなかった?」

八英雄であればロベルト・アバルトのように、ドミニカ・スコダもチャイカが生存している事に対して驚くはず。それが全く動じなかったという事は、偽者!?

そこでトールはドミニカ・スコダの正体を暴くべく、チャイカの魔法を用いると現れたのは、

装鎧竜(ドラグーン)!

装鎧竜(ドラグーン)を倒し、ドミニカ・スコダの所在を聞くも彼女は死んだという事。

その装鎧竜(ドラグーン)の本当の名前はフレドリカ。正体は金髪赤目の少女。

フレドリカ「君を殺すために同行することにした!」

どこまで本気なのかは不明ですが、彼女は気まぐれな猫のように(実際、先日の猫は彼女が化けていたものだったのです)トール達の旅についていくのでした。

「棺姫のチャイカ」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第3話「チャイカ、すごく…、観光気分です…。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第2話「逃亡者、チャイカ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第1話「棺かつぐ少女」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「棺姫のチャイカ」TVアニメ公式Webサイト