●たるです!しっぽです!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ガスト/エスカ&ロジーのアトリエ製作委員会
<キャスト>
エスカ:村川梨衣
ロジー:石川界人
ウィルベル:瀬戸麻沙美
ニオ:伊瀬茉莉也
リンカ:小清水亜美
マリオン:植田佳奈
ルシル:本多真梨子
アウィン:赤羽根健治
スレイア:喜多丘千陽
クローネ:山村響
レイファー:増谷康紀
ミーチェ:村仲知
カトラ:うのちひろ
ソール:松原大典
コルランド:藤沼健人
デューク:小山剛志
ハリー:真殿光昭
フラメウ:阿久津加菜

●ストーリー
大地を離れ、舞台は空へ。
誰もまだ見ぬ未踏遺跡へ。

ここは何度目かの黄昏を迎え、緩やかに終わりの時を迎えつつある世界。主人公のエスカはその世界の辺境の小さな街「コルセイト」に住んでいる少女。
母親譲りの古い錬金術を使い人々の役に立ちたいと頑張っていたところ、コルセイト開発班に正式に役人として配属されることになった。
また同じタイミングで、「中央」で最新式の錬金術を学んでいた青年ロジーが派遣されてくる。
開発班で出会った二人は、協力して開発班とコルセイトの街をもり立てていこうと約束する。

錬金術が紡ぐ、少女と青年の物語。
●オープニング
エスカ「水質悪化の原因は遺跡内にあると…。」

前回の遺跡調査の報告書を書こうとしているエスカ。まるで小学生が夏休みの宿題を最終日まで滞納しているがごとく苦戦していますが…。

※ロジーは既に報告書の提出まで完了。

リンカに至ってはエスカより文字を書くのが更に苦手ということも判明!
●エスカの尻尾!
クローネ「どうぞ、ご自由にお使い下さい。」

クローネからリンゴ園の作業場を借りたウィルベルとニオ。彼女達は暫くコルセイトに滞在することになります。

※2人はリンカやマリオンと昔からの知り合いのようです。

その部屋の掃除の手伝いに来たエスカとロジー。そこでエスカの尻尾について、

エスカ「ところで俺の尻尾を見てくれ。こいつをどう思う?」
ウィルベル「すごく…、大きいです…。」


彼女の尻尾、頻繁に動いたりしていますが実は錬金術で生成したアクセサリー。

家具を買いに出掛けたエスカ、ロジー、ウィルベルですがカトラの露天雑貨では家具は売っていないようで…。

カトラ「良いのか、ホイホイやって来て。俺は無い物だって売り付けてしまう人間なんだぜ。」
エスカ「こんなこと初めてだけど良いんです。僕、カトラさんみたいな人好きだから!」


カトラはエスカの尻尾が高く売れそうと見抜いて買い取ろうと交渉しますが、製作者のエスカの母親は逝去しているため尻尾は1つのみ。

ロジー「錬金術で尻尾を作れないか?」

エスカは錬金術で尻尾を作ろうと試みます。
●ビーストテイル
早速錬金術で尻尾を作ろうとするエスカ。昔の資料をひっくり返してみるもレシピは発掘出来ず。

クローネに頼って母の書庫を捜索すると昔読んだ絵本が!そのとき、

エスカ「思い出しました!」

彼女は尻尾の錬成方法を思い出し、調合してみることにします。

そして完成した尻尾ですが、見た目こそ再現出来たものの残念ながら動きません。

カトラ「カトラカンパニーの夢が…。」
ウィルベル「魔法で無理矢理にでも動かすのみ!」


ウィルベルが魔法を詠唱すると、

尻尾が動きました!

但し、

尻尾が意思を持って徘徊するという意味で!

その尻尾が通りすがりのリンカのおっぱ○に潜り込むと、

リンカ、狼娘化!

その巻き添えを受けたマリオンやカトラまで獣化!

その結果、

エスカ「報告書の他に始末書まで…。」

※こんな尻尾があったら楽しいかも!

「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第3話「錬金生物」(ネタばれ注意)
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第2話「清浄の小瓶」(ネタばれ注意)
【アニメ】「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」第1話「ようこそアトリエへ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」TVアニメ公式Webサイト
「エスカ&ロジーのアトリエ〜黄昏の空の錬金術士〜」AT-X公式Webサイト