最適な首ふり範囲を自動で調節!

写真拡大

アイリスオーヤマは、赤外線センサーで人のいる場所を見分け、最適な首ふり範囲を自動で調節する「人感首ふり扇風機」を、2014年4月30日に発売した。

ファンの下に取り付けた赤外線センサーが、人のいる場所を見分けて、自動で最適な首ふり範囲を調節する。たとえば1人で使用する場合、従来品では45度以下には変更できなかった首ふり角度を、自動で約21度まで狭め、風が当たらない時間を短縮する。

風量はダイヤルで無段階調整ができるほか、設定した風量を基準にして風量に変化を付けた風を送る「リズム風」モードや、時間経過とともに風量を減少させていく「おやすみ風」モードなどを搭載した。また、DCモーターを採用することで運転音を抑え、消費電力も低減している。

首ふりセンサーの調整範囲は21度〜85度。色は、ホワイト。

参考価格は、1万8000円。