年収の60倍を株で稼ぐサラリーマンが 苦労してたどり着いた株の儲けワザとは?

写真拡大

専業でのデイトレを経て今はサラリーマンとして福祉施設で働きながら、約10年で資産を5億円台に増やしたyorozunoさん。自分を過信しない慎重さが印象的だが、サラリーマンをやりながら勝ち続けるコツを教えてもらった。

みんなと逆に動き誰もが未注目の
底値圏にある銘柄を探して買う!

 15年前から株取引をスタートし、5〜6年間の専業でのデイトレ期間を経て、06年からの再就職を機に、再び会社員をやりつつ中長期での売買で成功しているyorozunoさん。投資するのは、「チャートで長期の安値圏にあり上がり始めそうな銘柄」と至ってシンプルだ。

「もちろん、好業績で割安な銘柄を選びますが、株をやり始めた当初は、みんなが注目してすでに上がった銘柄を買っていたので、『買ったら下がる』、『売ったら上がる』の失敗ばかり。でも、ある時、投資は銘柄ではなく買いタイミングだ、ということに気づいてから勝てるように」

 人に勧められたのだが、まだ誰にも注目されていない割安で好業績の銘柄を試しに買ってみたら、その後上がったのがきっかけだ。

「子供の頃から孫子や韓非子の本を読むのが好きだったのでピンと来たんです。みんなと同じことをやっていたからダメだったんだって」

 ただし、自分を過信せず慎重に買い進めるのがyorozuno流だ。

「どこが底かは誰もわかりません。だから、まずは投資する予定の資金の10分の1しか投資しません。そして、調整したら買い増ししていきます。日足でボリンジャーバンドのマイナス2σにタッチしたら買い増し、次に週足でもマイナス2σにタッチしたらさらに買い増し(ボリンジャーバンドとは、移動平均線に標準偏差のラインを上下3本ずつ描いたもの。±1σ内には68.27%、±2σ内には95.45%、±3σ内には99.73%の確率で株価は分布し、おおむね、±2σの範囲内に株価は収まるとされている)。再度下がるようだったら一旦撤退します。また買い直せばいいので」

 そして、株価に勢いがあるうちは長期で持ち続ける。08年10月に買ったサンリオ(8136)は5年で株価が800円から6200円に、同時期に買ったゼンショーHD(7550)も300円台から1200円になった。

最初から口座を長期用と短期用に
分けて投資の目的を明確化する!

 長期で大きく資産を増やすのがメインだが、遊びで短期でも売買するyorozunoさんが、もう一つ徹底していることがある。

「自分は精神的に弱いので、長期用で買っても上がるとすぐに売りたくなったり、短期用で買ってるのに下がっても持ち続けてしまうことがある。だから、最初から長期と短期で口座を分ける。こうすれば、長期用の口座にログインするときは長期モードに。長期用でも、昨年にコロプラ(3668)が4倍以上になった時は一旦利益確定しちゃいましたけど(笑)」

 現在、資産総額は5億円以上になったが、相場が上昇し始めたら波に乗れるように、常に3分の2は現金で持っている。長期で持っているのは30銘柄ほど。それ以外に3000万円ほどの株主優待株を保有して、家族で優待を楽しんでいる。

「株価は毎晩チェックします。会社員なので日中は相場に張り付いていられないから、自分にとって仕事が手に付かず不安になるほどの投資金額で取引はしません。焦って売り買いしてしまうし、失敗するのがオチですから」

 業種は分散し、今後の円安を見込んで外貨にも投資している。また、毎年、株で儲かった額の1割は福祉施設に寄付している。

「将来の夢は児童福祉施設を建てること。自分のことばかり考えていると、欲深くなりすぎて株ではなかなか成功しないんですよね」

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ6月号には、yorozunoさんと同様に独自の売買方法を考えて資産1億円を達成した個人投資家が登場し、その儲けワザを惜しみなく公開してくれている。登場しているすべての個人投資家の儲けワザは、優待株に絞った投資など驚くほど簡単なものばかり。ぜひ、ダイヤモンド・ザイ6月号も参考にして資産1億円を目指してほしい。ダイヤモンド・ザイ6月号は、アマゾン、楽天ブックス(今ならポイント5倍)で送料無料で発売中のほか、全国の書店にも並んでいるので手に取ってみてほしい。