20代の独身男女の食費1ヶ月平均31,876円、6年前より減少

写真拡大

農林中央金庫では、首都圏に居住する20代の独身男女400名を対象に、『第2回 現代の独身20代の食生活・食の安全への意識調査』を実施し、2008年に行った第1回調査との比較レポートを発表した。第2回の調査期間は2014年3月15日〜3月25日。

1週間に朝食を食べる回数を尋ねると、「毎日食べる」人は半数以下で、「食べない」人は約1割。平均は週に4.9回となり、6年前の4.7回より若干増加した。朝食でのメニューは「パン」が7割以上で1位、「ごはん」が5割以上で2位に。6年前の前回調査と順位はかわらないが、「ごはん」が10ポイント増え、増加傾向にあった。

また、平日の昼食では、「パンやおにぎり、ファーストフードなどを買う」「市販弁当を買う」など“購入”が過半数で、“外食”より多くなった。昼食でよくたべるものについては、「ごはんとおかず」が7割を超え1位に。

平日の夕食では、「飲食店に行く」「家族に料理を用意してもらう」が6割前後で並び、「自分で料理する」は約3割。同居の有無で見ると、単身では7割近くが「飲食店に行く」、家族などと同居している人では「家族に料理を用意してもらう」が9割超えとなった。

1ヶ月あたりの食費平均は、6年前の前回調査時の36,658円に比べると、4,782円減の31,876円。1日平均では、「男性」が1,155円で「女性」の970円を上回った。同居別でみると、「単身」が1,257円で、「家族などと同居」の人は937円だった。

今後、自分自身の「食の安全」のために、どのような対処をしようと思うか尋ねると、「食品の表示をよく見る」「自分の目で見て新鮮なものを購入する」「信用できる産地のものを利用する」など、購入する時に気をつけることが上位にあがった。また「なるべく手作りする」という人も4割強いた。前回の調査と比べると、「食品の表示をよく見る」が今回20ポイント近く増加していた。