決算発表の結果をふまえ、 いつ、どんな銘柄に投資するべきか

写真拡大

2014年3月期の決算発表が真っ盛り。5月は1日から9日までに約1000社の発表が予定されている。今年の企業決算の状況、株価の今後の変動、決算情報をふまえた銘柄の選別ポイントなど、ネット証券各社が提供する分析レポートの見解を紹介しよう。

企業の売上高は減少でも利益は過去最高

 2013年の売上高(全産業)は過去最高額だった2007年以降、年々減少している【図表1】※2013年のみ、年度ではなく1〜12月の合計。

 一方、2013年の経常利益は2006年度(59.5兆円)を抜いて過去最高額を更新することが確実視されている【図表2】(財務省「法人企業統計」より)※2013年のみ、年度ではなく1〜12月の合計。

 「企業は売上高が増加しなくても利益が稼げる体質になっている。もしくは、デフレで売上高が減少しても、利益が稼げるような対応が進んでいる」状況だ。(三菱UFJリサーチ&コンサルティングのレポート「日本経済ウォッチ(2014 年4 月号)」より。カブドットコム証券で閲覧できる)。

会社予想は「期初保守的」がパターン

 注目は2015年3月期の業績予想だが、日本企業は、期初に保守的な予想を出す傾向がある。4月の消費税増税もあり慎重な予想を出す企業が多いと考えられる。

 「現時点での2015年3月期の予想経常増益率(東洋経済予想)は前年度比+7.5%であるが、3月調査日銀短観の2014年度経常利益計画(大企業)は同▲2.3%と減益になっている」(SMBC日興証券「Weekly Outlook」(2014年4月18日)。

 「短観」の経常利益計画は、3月調査は保守的な数字で始まり、その後上方修正されていく傾向が強いようだ。そこで心配されるのが今後の株価動向だ。

 上記のSMBC日興証券のレポートでは、「決算発表が一巡して、会社側の業績予想が出揃う5月中旬頃までは、業績悪化への警戒感が重石となり、積極的に上値を買い難い地合いが続く」と見ている。

 「海外株の堅調推移を背景にしっかりの動きを想定も、最近はGW空け後の下落が目立っており、警戒感が早々に反映される可能性も残る」(フィスコ「週刊相場観測誌Market展望」(2014年4月21日号。マネックス証券で閲覧可)。

 保守的な業績予想から期を追うごとに業績拡大が確認されれば株価上昇の芽が出てくるかもしれない。ただし、5月の株価は、上昇のきっかけが見つからない展開を予想する向きが多いようだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)