「伝説のすた丼屋 生姜焼きのタレ」

写真拡大

「伝説のすた丼屋」を経営するアントワークス(東京都中野区)は2014年4月28日から、主力商品「すた丼」と同じく創業当時からの看板商品「生姜丼」が家庭でも手軽に楽しめる調味料「伝説のすた丼屋 生姜焼きのタレ」の店頭販売を始めた。

「すた丼」が家庭でも楽しめる家庭用タレ「伝説のすた丼屋 すたみな焼きのタレ」の販売以降、多くの人からの寄せられた要望に応える形で登場した商品。

市販されている多くの生姜焼きのタレと比べて「甘み」を控えめにし、店頭で使用しているものに限りなく近づけた。「生姜丼」だけでなく、「野菜炒め」や「から揚げの下味」などのさまざまな料理に活用できそうだ。内容量は200ミリリットル。

価格は480円。