30日、韓国南西部・珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」の沈没事故で、同号の本来の船長が運行会社の「青海鎮海運」に「船体のバランスに深刻な問題があり、揺れが激しい」と訴えていたものの、会社側は取り合っていなかったことが分かった。写真は中国の事故報道。Record China

沈没船、「真犯人は別」の可能性

ざっくり言うと

  • 韓国船沈没事故で、「真犯人は別にいる」可能性を韓国メディアが報じている
  • 過積載をごまかすため、船底に積み込むべき「バラスト水」を減らしたことが原因との声
  • 犯人は船上でなく、陸にいたと言われている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング