●黒の銃弾

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会
<キャスト>
里見蓮太郎:梶裕貴
藍原延珠:日高里菜
天童木更:堀江由衣
ティナ・スプラウト:黒沢ともよ
蛭子影胤:小山力也
蛭子小比奈:悠木碧
室戸菫:甲斐田裕子
聖天子:豊崎愛生
天童菊之丞:大木民夫
伊熊将監:手塚ヒロミチ
千寿夏世:潘めぐみ
片桐玉樹:細谷佳正
片桐弓月:大久保瑠美
薙沢彰磨:三木眞一郎
布施翠:小倉唯
我堂長政:玄田哲章
壬生朝霞:水瀬いのり
司馬未織:小清水亜美
多田島茂徳:松山鷹志

●ストーリー
突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。
赤く輝く目と圧倒的な力、そして桁外れの再生能力を持つ彼らの侵攻に、人類はなす術もなく大敗を喫する。
国土の大半を失った現在、人類は彼らが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた、狭い「エリア」の中で、ガストレアの脅威に怯え、隠れながら生きることを余儀なくされていた。
そんな中、生き残りをかけた人類のささやかな抵抗として組織されたのが、ガストレアへの対抗手段を持ったスペシャリスト集団「民間警備会社」――通称、民警。
そのひとつ、天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、相棒の少女・藍原延珠と共に、東京を壊滅に追い込まんとする、危険な企みに巻き込まれていく――。
●オープニング
千寿夏世「私は残ります。誰かがここで食い止めないと…。」

ステージ4のガストレアの追撃を食い止めるため一人残る千寿夏世。

里見蓮太郎と藍原延珠は彼女を置いて進みますが…。
●蛭子影胤の最期?
蛭子影胤と蛭子小比奈によって、伊熊将監が里見蓮太郎達の眼前で倒されます。

蛭子影胤「君はケースを取り戻せない。何故なら君はここで私達に倒されるからだ!」

一切援護が期待出来ない状況、里見蓮太郎と藍原延珠は蛭子影胤・蛭子小比奈ペアと戦います。

しかし、里見蓮太郎は致命傷を受けてしまうのですが…。

そこで室戸菫から受け取った薬を注射、20%の確率でガストレア化してしまうため極力使用を避けてきたものの…。

里見蓮太郎はその薬によって復活、蛭子影胤を崖から突き落とします。こうなると蛭子小比奈はただ泣きじゃくる普通の女の子に過ぎません。

※生死は不明。

里見蓮太郎「任務完了しました!」
天童木更「悪い知らせがある。ステージ5のガストレアが出現したの!」

●里見蓮太郎、苦渋の決断!
里見蓮太郎と藍原延珠はそのままステージ5拡散を防ぐために近くの基地に移動し、砲台から弾丸を発射しようとします。

弾丸が無いため自身の右腕を弾丸とする里見蓮太郎。

そして、彼と彼女が放った弾丸は!

ステージ5のガストレアを撃破に成功!

翌朝、千寿夏世を迎えに行った里見蓮太郎が見たものは、

侵食率50%を超え、ガストレアとなりつつある千寿夏世。

千寿夏世「里見さん、私を人の姿のまま殺して。」

里見蓮太郎は彼女の最後の願いを受け入れ、介錯したのです。

※この件は極秘事項として伏せられます。

藍原延珠の侵食率42.1%、しかし彼女には真実を伝えてはいない。それは彼の彼女に対する優しさなのでしょうか?それとも…。

「ブラック・ブレット」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ブラック・ブレット」第3話「彼の横には」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラック・ブレット」第2話「藍原延珠、姿を消す!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラック・ブレット」第1話「呪われた子供」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第12話「もう私達、仲良しでしょ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ブラック・ブレット」TVアニメ公式Webサイト
「ブラック・ブレット」AT-X公式Webサイト