ATMでお金を下ろすときに守っているルールは?「5万円単位で下ろす」「○万9千円で下ろす」

写真拡大

消費増税の影響で、ATMの利用手数料が一部で上がったりしています。こうなると、できるだけATMでお金を下ろす回数を少なくしなくちゃ!なんて思ってしまいますよね。今回は、ATMでお金を下ろすときのマイルールについて聞いてみました。

読者439人に、「ATMでお金を下ろすときに自分で決めているルール」について聞いてみました。一番多かった回答は……。

■手数料を支払わないようにする!

・手数料がかかるのが嫌なので銀行直営のATMでしか下ろさない。(24歳女性/学生/その他)

・手数料が高いので絶対に土日、時間外にはお金を下ろさない。(28歳女性/医療・福祉/専門職)

・ゆうちょ以外は土日に下ろさない。(33歳男性/機械・精密機器/技術職)

計198人(45.1%)から「手数料をできるだけ支払わないで済むようにしている」という回答がありました。手数料の多寡について、皆さんとても気にしていらっしゃるようです。「節約意識」の高い人が多いのですね。

■金額を決めて下ろす!

・お給料が入ったら全部下ろしちゃう。(22歳女性/医療・福祉/専門職)

・1万円以上は下ろさない。(33歳女性/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・財布にあったら使ってしまうので、多くても2万円しか下ろさない。(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・5万円単位で下ろす。(33歳女性/学生/専門職)

・5,000円単位で下ろす。きりがいいから。(22歳女性/自動車関連/販売職・サービス系)

・1回につき2,000円下ろす。(36歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・1回5,000円下ろすことにしています。(28歳男性/金属・鉄鋼・化学/経営・コンサルタント系)

・1カ月3万円まで。(27歳女性/医療・福祉/専門職)

・○万9千円で下ろす。千円札が9枚出てくるので、万札を崩す必要がなく、使いやすいから。(32歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

このように、ATMで下ろす金額を決めているという人もかなりいらっしゃいます。中には、給料が振り込まれたら全額を一気に下ろしてしまうという人も! キャッシュで手元に持っていて、あとはATMを頼らないというわけですね。

■他にもATMのマイルールいろいろ!

・残金が10万円以下にならないようにする。(30歳女性/学生/その他)

・使用している人のすぐ後ろには並ばない。(44歳男性/ソフトウェア/技術職)

・周りから見えないように操作する。(22歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・通帳記入を忘れない。残高が分からなくなるから。(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・取引明細はきちんと持ち帰る。(28歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・明細は印字しないようにする。(39歳男性/金融・証券/専門職)

このようなマイルールも挙げられました。「口座の残金」を気にかけている人、また暗証番号を盗まれないように気をつけている人など、さまざまですね。明細を必ず持って帰る人がいる一方で、明細を印字しない人もいらっしゃいます。

明細は取引の証拠になりますから、持っていた方がいいような気もしますが……。

最後にとても用心深い人からの回答をご紹介します。

・ATMのあちこちをチェックし、返却口やカード・通帳挿入口に指を突っ込むなどして、カードの偽造・変造対策や盗撮・盗聴対策をしている。下ろす前に見つけたら、取引せずにインターホンで通報する。(27歳男性/医療・福祉/その他)

いかがだったでしょうか。皆さん、ATMの手数料をとても気にしていらっしゃるようですね。平日の時間内に利用して、土日は下ろさないという人が多いようです。

あなたは、ATMでお金を下ろすときのマイルールを決めていますか?

※マイナビウーマン調べ。(2014年3月にWebアンケート。有効回答数439件。20歳〜76歳の社会人男女)

(高橋モータース@dcp)