アルバイトの選択―交通費ありで時給低い方がいいか、交通費なしで時給が高い方がいいか?

写真拡大

アルバイトをする場合に、時給や仕事の内容も大事なことですが、アルバイト先までの交通費が支給されるかどうかも気にする人が多いのではないでしょうか。たとえ近場で少額の交通費であったとしても、意外と積み重なれば金額も大きくなるもの。

そんな交通費について、意識している人がどのくらいいるのでしょうか。アルバイトの交通費に関するアンケート調査を行いました。

【質問】
アルバイトは交通費が出るところがよいですか?

【回答】
はい:53%
いいえ:47%

●「アルバイト代が減ってしまう」

「交通費がでないと結局交通費でお金が減っちゃうので、頑張って働いても、往復でお金が掛かってしまったら意味がないと感じます。あと、お金が行くだけでかかるなら、バイト行きたい気持ちが少し、少なくなってしまうからです。


「交通費で働いた分が減ってしまうのが嫌で、求人誌を見る時は必ず交通費の欄を見てからにしています。」

「はい」と答えた人は、交通費が出るかどうかを重要している人が多く、働いた分から交通費が引かれるような印象を持っているようです。

また、アルバイト先に行くことでお金がかかってしまうため、行きたいという気持ちが減ってしまうという意見もありました。

また、「アルバイト先に行くための移動も労働のうちに入ると思うから、バスや電車賃と同等の金額は欲しい。」と、移動時間も労働のうちだとする意見も挙げられました。

●「金額でカバー」という意見も

「交通費分を含んでる、と思えるくらいのアルバイト代であれば、交通費がでなくても納得できるから。」

「時給が良ければ交通費が支給されなくてもカバーできると思うので、支給されるかはそれほど問題ではないです。」

「いいえ」と答えた人の意見では、アルバイト代が交通費を含んでいると思われる額であれば、特に交通費は問題ではないというものが多く見られました。

またどちらにも共通した意見として、「自転車や徒歩で行ける範囲なら、もちろんOKなのですが」「自宅から自転車や徒歩で行ける範囲で働けるところなら、関係ないです」というものもありました。

そもそも交通費がかからない場合は、交通費支給の有無は気にならないようです。

アルバイトの交通費については、実際に支給されるか、交通費が含まれていると思える金額の時給がもらえればよいと感じる人が多いようです。

交通費が別途支給されないアルバイトの場合、時給から差し引いて考える必要があるのかもしれません。

いずれにしても、気持ちよく仕事ができるように、自分が納得できる形の時給や交通費がもらえるアルバイトが一番ですね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年3月31日〜4月1日
■有効回答数:100サンプル