コスプレ! ゲーム! ボカロ! カオスすぎた「ニコニコ超会議3」を振り返る【写真満載】

写真拡大

2014年4月26日・27日に千葉県・幕張メッセで行われたネット発の大型イベント「ニコニコ超会議3」のフォトレポート。 イベントに参加できなかった人も”行った気分になれる”ような会場の雰囲気が伝わってくる写真をたっぷりと掲載!

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■ニコニコ動画の世界がリアルに集結!

今年もやってきました! 千葉県・幕張メッセの周辺には、朝早くから「ニコニコ超会議3」に参加するユーザーたちで大混雑。 イベントが始まる前から会場付近でニコニコ生放送(ネット配信)をしている人の姿もあったりと、それぞれの楽しみかたでみなさん盛り上がっていました。

さっそく私も取材のために会場内へと潜入! 大好きなオンラインゲーム「ファイナルファンタジー14」ブースでお姉さん(?)たちとキャッキャウフフしてきたり、可愛すぎる深海生物として人気の「ダイオウグソクムシ」ブースで初めての本物を観察したりと、仕事だということを忘れそうになりながらもなんとか無事に生還できました。(めっちゃ疲れた!)

さっそく会場内の混雑具合や注目ブースの様子などを写真で振り返ってみましょう。

■来場者数は12万人以上! まるでゴミのようだと言いたくなる混雑っぷり

目標に掲げていた来場者数12万人を達成。 運営スタッフが「よ、余裕っすよ(震え声)」と言っていたので、達成できるのか心配していたのですが、当日の混雑っぷりをみて「やったぜ」という顔をしていたのが印象的でした。

■人気オンラインゲーム「FF14」も出展! コスプレイヤーもいっぱい

日本だけでなく世界中にプレイヤーがいる人気MMORPG「ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア」のブースには、ゲーム内に登場するキャラクターになりきったコスプレイヤーさんがたくさん集まっていました。

イベントでは吉Pこと吉田直樹プロデューサーやニーソ好きなサウンドディレクター・祖堅正慶さんら、主要開発メンバーが登場してオンラインゲーム単独のブースとしては異様な熱気に包まれていました。

ステージの合間には開発スタッフたちがユーザーと意見交換をしたり、記念写真やサインに応じたりとファンサービスもばっちり。吉Pもドヤ顔でばっちり。

■世界最強の国技「SUMOU」の生観戦に熱狂!

発表当初から注目を集めていた「大相撲町会議場所」。 普段はなかなか見る機会がない国技・相撲を生で見られるということで、老若男女とわず多くの人が観戦に足を止めていました。

朝早くからの稽古、抽選で選ばれたユーザーと力士による取組、そして力士同士のガチンコ勝負。 日本の伝統であり、国技として世界で知られる「相撲」は見ているだけで体温があがる感じがしました。

■「進撃の巨人」立体機動装置を体験できちゃう!入団テストを実施

アニメ化も好評だった人気マンガ「進撃の巨人」。 会場では人間を食らう巨人と戦う兵団に入るための入団試験を再現した「第2525期訓練兵団入団試験」が実施されました。 参加者には女性の姿が目立ったのが印象的でしたね。

■ネットで大人気! 深海のアイドル「ダイオウグソクムシ」は会場でもほとんど動かず

ニコニコ生放送で何度も登場している「ダイオウグソクムシ」も登場。 暗い部屋で静かに来場者を出迎えていました。

筆者も初めて「ダイオウグソクムシ」を拝見したのですが、噂で聞いていた以上の大きさにビックリ! 会場ではほぼ等身大サイズで作られたiPhoneケースや大きなぬいぐるみなどが販売され、飛ぶように売れていました。

そして、大型イベントの定番となりつつある携帯電話会社auのニンジャたち(移動用機器を背負ったスタッフ)も「ダイオウグソクムシ」のかぶりものをして歩きまわっていましたよ。

■自衛隊、JAXAからのボカロ、連装砲ちゃん! 他国メディアもやってくるほどのカオス、とにかくカオス、とことんカオス。

自衛隊の戦闘ヘリ、JAXAのソユーズ帰還カプセル、そして深海探査艇「しんかい6500」が並ぶ奇跡が起き、ボーカロイドのDJイベントや一般販売されていない最新ガジェット「OculusRift」が約50台も揃い。

さらに安部首相ら日本の政治家たちが熱弁をふるう姿まで見られるという、もはや何のイベントなのかわからなくなってくるほどにカオス! やっぱり「ニコニコ超会議」はこうでなきゃね。

取材中に「ニコニコ超会議3」を取材する海外メディアの人と出会いました。 フランスから来たというカメラマンはコスプレイヤーさんを熱心に撮影していましたよ。

■ボカロも進撃もなんでもこい! コスプレイヤー&コンパニオンさんもたくさんいましたよー!

もはやイベントでは欠かせない存在となりつつある「コスプレ」。 会場ではボーカロイド、アニメやゲームのキャラクターたちになりきった人々をあっちこっちで見かけました。 一部ではちょっとした騒動があったようですが、みなさんとても楽しんでいたように思います。

してみたい願望はあるが実践できていな筆者も「これは!」と気になったコスプレイヤーさんに声をかけて撮影してきましたよ!

イベントのスケジュールが遅れたり、ビリー・ヘリントン兄貴が来日しないなど、一部から不満の声も上がっていましたが、会場は大きな混乱もなく無事に閉幕を迎えられた「ニコニコ超会議3」。 続いて実施された「ニコニコ超パーティー掘彌了後には「ニコニコ超会議2015」の開催が発表されました。

具体的な日程は未定ですが、筆者のぐったりした体が喜びに震えています。 来年に向けてだらしねぇ体を鍛えておかなければ!

こちらのレポートもどうぞ!
【本家公認】『ニコニコ超会議3』をさらに斜め上を行く感じで特集してみた [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21549 ]
『ONE PIECE』『アカギ』『ゴルゴ13』… 実は終わりが決まってる“人気長寿漫画” [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21882 ]
【男の娘】可愛すぎる…! 女装のプロ・百花繚乱に"女装メイク術"を教わった [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21905 ]
【進撃の巨人】そこまでやるか! なりきり映像&グッズあれこれ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20653 ]
実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19832 ]