2014年3月期、1100億円の赤字と「VAIO」ブランド売却を発表したソニー。不調が伝えられるなかで、かつてウォークマンやトランジスタラジオを生んだソニー魂が生き残るデジタルカメラ事業について、ジャーナリストの永井隆氏がリポートする。

 * * *
 長らく看板事業のひとつだった「VAIO」ブランドで知られるパソコン事業を、投資ファンドの日本産業パートナーズに売却すると発表しているソニーにとって、「イメージング関連事業」はヒット商品を生んでいる部門だ。同事業には、一般消費者向けのデジカメのほか、放送局や医療機器など業務用が含まれる。

 また、カメラの心臓部である「CMOSイメージセンサー」と呼ばれる光を電気信号に変える撮像素子は世界シェアトップで、他社にも供給している。

 デジカメの中でも、特にコンパクトデジカメ(コンデジ)はスマホの普及に押されて冬の時代が到来している。当連載で取り上げた富士フイルムがそうだったように、各社は普及型のコンパクトから高画質機へと商品の重点を移行させている。高画質こそ、ソニーの強みでもある。

 同社は、レンズ、センサー、信号処理といった基幹部品をすべて内製している。そしてもう一つ、「小型化」する技術があるのも大きい。

 デジカメなどを担当するイメージング・プロダクツ&ソリューション事業本部商品企画部門の濱口努統括部長(46)はこう語る。

「テレビはブラウン管から薄型になった。黒電話は手のひらサイズのスマホになった。パソコンも小さくなった。なのに高画質カメラだけは、以前から一眼サイズで変わっていなかったのです。

 画質の肝のひとつはイメージセンサーです。高級一眼で使われる35ミリフルサイズのイメージセンサーを搭載して小さくするのは難しい。しかしそれをとにかく小さいボディに載せることを目指しました」

 その製品が『サイバーショットDSC-RX1』。「カメラグランプリ2013」で大賞を獲得したことで話題となった。コンデジのサイズなのに、フルサイズのセンサーと大口径レンズを搭載したことで高画質な撮影を可能にした。

 レンズ交換はできず光学ズームもない。しかも約25万円と高級カメラ並みの価格で売り出され(現在の実勢価格は19万〜20万円前後)、発売前には「誰が買うのか」と厳しい意見も出た。しかし2012年11月に発売すると、コアなカメラファンの間で人気となった。 「小型化はソニー製品の特徴。ウォークマンもそうですが、小さいことは“ソニーらしさ”の一つです」(濱口氏)

 RX1の人気は下位機種まで波及。フラッグシップを突き詰めたことがよい影響を生んだ。

※SAPIO2014年5月号