鳥取県民の脳内をチェック!

写真拡大

北海道から沖縄までタテに細長いニッポン。気候も違えば人々の性格も違い、価値観はもちろん、相性さえも変わる。脈々と形成され、遺伝する出身県DNA。ここでは、47都道府県民それぞれの性格を大解剖。

■日本海からの厳しい自然に抗い、結束力の強い鳥取県

県東部(因幡)と県西部(伯耆)では性格が大きく異なる鳥取県。「雨の因幡」と呼ばれた因幡地方は、天気の話題が日々の挨拶代わりとなるほど、天候の変化が激しい。そのため口ベタだが、粘り強い勤勉タイプが多い。米作中心だっただけに保守的で引っ込み思案で、率先するタイプではない。尻を叩いたり、無理矢理付き合わせたりしないほうが得策だ。伯耆は、風が強い地方。厳しい気候に耐えるため、どちらも助け合って生きなければならず、県民の結束力は自然と高くなった。伯耆は商品生産が盛んなので商人気質の人が多い。全県的に誰にでも親切で、ボランティアも率先するほど。付き合いには、誠意と信用が必要だ。

●良評

・素朴で従順な感じが好印象(神奈川・女)
・真面目な人が多くて頭が下がる(秋田・男)

●悪評

・同県だが、閉鎖的で、うじうじした思考がイラつく(鳥取・男)
・クレーマーが多くて、仕事がしづらい(北海道・男)

■上司――頑固で、積極的な男上司。勤勉で前向きな女上司

●男上司

因幡は保守的で頑固だが、努力型で部下への思いやりもある。とくに問題はない。伯耆出身は上司ぶらない気さくなタイプが多い。積極的で冒険的な提案にも耳を傾けるので、どんどん提案を。直情的ですぐ怒鳴るのが玉にキズだが、怒っても根に持たないので、いつものことと聞き流していればよい。

●女上司

因幡の上司は勤勉だが、新しい仕事は苦手なタイプ。仕事よりも人間性を評価するので、素直で真面目に努力していればよい。伯耆の上司は度量もあってタフな性格。何事にも前向きな楽天家タイプが多いのが特徴。包容力もあるが、甘えは禁物。真面目にきちんと仕事をこなしていくことが先決。

■部下――真面目で、積極的な男部下。しゃばらず、愛想のいい女部下

●男部下

因幡の部下は引っ込み思案で目立たないが、根っから真面目で誠実。粘りもあるので、思い切って責任ある仕事を任せると案外いい結果も。伯耆の部下は、積極的でチャレンジ精神もあるタイプが多い。おだてるとその気になるので、のせて動かしてみると、意外にうまくやってのけることもある。

●女部下

因幡の部下は真面目で几帳面。辛抱強い努力家で控えめなので、どんなところでも出しゃばらない。バイタリティ、責任感、包容力もある。素直で文句を言わないが、口数が少ないので、声かけが必要。伯耆は小さいことでクヨクヨせず、気さくで人なつこい。要領よく仕事をするが、ツメが甘いので注意。

■取引先――信用第一で商売上手の鳥取の顧客

因幡の顧客は、保守的で冒険を好まないタイプが多い。信用第一だから、時間をかけて信用を得ていくことが重要。あまり調子のいい話を持ち出すと、かえって警戒されて信用をなくすこともあるので注意。伯耆は金に細かく、攻めの商売をするタイプなので、最後まで油断は禁物。価格重視型だから、ある程度の値引き交渉を覚悟すること。新しいものにも関心があるので、「新製品」「新情報」も頻繁に提供して商談を進めるとよい。

●営業ポイント

1. 因幡は、信用第一と心得よ
2. お調子者は警戒される
3. 伯耆は、価格交渉で迫れ

■恋愛――照れ屋で、移り気な鳥取男。慎重で、しっかり者の鳥取女

因幡の男は消極的で照れ屋が多い。愛情表現もヘタだが、ひとたび燃えると、誠意をもって尽くすロマンティストタイプ。結婚後は模範亭主になる。女は慎重で遊べないタイプなので、真剣に誠実に付き合うこと。伯耆の男は、気さくで付き合いやすいが移り気な部分がある。結婚しても浮気の可能性は大! 女はフランクに付き合えるが、結婚後はしっかり女房になる。男女とも恋人関係になるには、時間がかかるのを覚悟すること。

●口説きポイント

1. 男女とも、じっくり時間をかけて攻めよ
2. おちゃらけは禁物
3. 他人に親切な模範人間で迫ろう

----------

●相性の良い県[1]大阪府[2]兵庫県[3]島根県
●相性の悪い県[1]愛知県[2]福岡県[3]佐賀県
●男性[リーダーシップ度]★★★☆☆[真面目度]★★★★☆[創造性度]★★★☆☆
[恋愛上手度]★★★☆☆
●女性[リーダーシップ度]★★★☆☆[真面目度]★★★★☆[創造性度]★★★☆☆
[恋愛上手度]★★★☆☆
●鳥取県データ[総面積]3507平方キロメートル[人口]58.1万人
[人口1人あたり所得]218万円/年[主要産業]/農・水産業[金持ち度]★★★☆☆

----------

※各都道府県・県民性大図鑑内データについて
○「人口1人あたり所得」…内閣府「県民経済計算」(2009年)より
○「金持ち度」…男性が遊興費に使用できる額の平均から算出