写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイのコレクターズ事業部が展開するフィギュアシリーズ「フィギュアーツZERO」にて、現在漫画誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社刊)で原泰久が連載中の人気漫画『キングダム』に登場するキャラクターのフィギュア化が決定し、第1弾として主人公・信の予約受付が、ネット通販・ホビーショップなどでスタートした。

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を描いた『キングダム』は、コミックスが現在34巻まで発売され、累計発行部数は1,000万部を突破。アニメの第2シリーズも毎週土曜(金曜深夜)午前2:10より放送中で、人気を博している。

新たに始動する「フィギュアーツZERO キングダム」シリーズは、原作者・原泰久による完全監修のもと製作。キャラクターの細かな表情や質感など、こだわりの造形・彩色で再現されている。今回予約がスタートし、2014年8月に発売される『フィギュアーツZERO 信(しん)』の後には、9月に『フィギュアーツZERO 河了貂(かりょうてん)』、さらには後に始皇帝となる秦国の王・嬴政(えいせい)や、主人公・信にとって重要な人物である大将軍・王騎(おうき)などの人気キャラクターの立体化も予定されているという。

商品価格は『フィギュアーツZERO 信(しん)』が3,200円、『フィギュアーツZERO 河了貂(かりょうてん)』が1,800円。フィギュア本体に加え、専用台座も付属している。なお、「魂ウェブ」の公式サイト上では、「フィギュアーツZERO キングダム」のシリーズ始動を記念して、スペシャルページがオープン。「名台詞ボタン」をクリックすると、劇中に登場する心を揺さぶる名台詞がランダムに表示されるなど、さまざまなコンテンツを展開している。

(C)原泰久・集英社/NHK・NEP・ぴえろ