巨大なグランドスタンドの最上段から突き出るようにメインストレート上に浮かぶ観覧席。地上9階に匹敵するその高さからは、中国GPが開催される上海サーキットのほぼすべてが見渡せた。

 決勝レースが残り数周となり、テレビ画面は上位勢の表彰台争いを映し出している。その遥か後方、モニターには映らない17位争いで、小林可夢偉は前を行くマルシアを必死に追いかけていた。

 曲がりくねったインフィールドセクションでは2台の差が一気に詰まるものの、長いバックストレートに入ると前のオレンジ色のマシンがスッと逃げていき、可夢偉のマシンは何車身も離されてしまう。0.3秒差まで追い詰めようとも、この速度差ではオーバーテイクはかなり難しい。上空からサーキットを見下ろしているからこそ、余計にそう感じられた。

 為す術なしか。そう思っていた最終ラップに、可夢偉は仕掛けた。

 この周だけは、バックストレートを立ち上がってくるケータハムのマシンがマルシアに離されることなくピタリと背後についていく。そして、DRS(Drag Reduction System:ドラッグ削減システム/ダウンフォース抑制システム)と相手のスリップストリームを使う可夢偉の方が、勢いがある。わずかにインへ牽制するマルシアのジュール・ビアンキに対し、可夢偉はそれ以上に鋭くインへ切り込んでマシンを並べた。

 ヘアピンへのブレーキングでインを取り、可夢偉は見事にビアンキを攻略してみせた。そして残る最終コーナーをクリアし、彼の前でチェッカーフラッグを受けた。それはまさに、息もつかせぬほどの緊迫したバトルだった。

「最後に違うことを仕掛けなあかんなと思ってたんです」

 可夢偉はさらりと言った。

 どうしてあのラップだけは可夢偉の加速が鋭かったのか。可夢偉はその種明かしをしてくれた。

「バックストレートの2つ手前のコーナー(ターン11)で、インに飛び込んで仕掛ける振りをしたんです。そしたらアイツ(ビアンキ)がインを締めてきたから、僕は普通のラインに戻って、いつも通り(最適なライン取りで)走った。でも向こうはライン取りが苦しくなってるから、バックストレートに入っていく次のコーナー(ターン12〜13)で僕の方が有利になったというワケ」

 つまり、可夢偉の加速が鋭かったのではなく、ビアンキの加速が鈍かったのだ。

 バックストレートで仕掛けるために、相手の立ち上がり加速を削ぐ。そのために、ひとつ手前のコーナーでその要因を作り出す。可夢偉はそんなトリックを仕掛けていたのだ。

 王者セバスチャン・ベッテルにしても全盛期のミハエル・シューマッハにしても、彼らは本能的に相手を打ち負かしていたのではない。優れたドライバーというのは本能だけでなく頭脳も使い、チェスや将棋のように常に二手先、三手先を読んで相手を追い詰めていくのだ。

「あれじゃなかったら、無理やったでしょうね。(ケータハムのマシンは)ストレートが遅すぎて、DRSを使っても追いつけへんかったから(苦笑)」

 可夢偉はこのトリックを最終ラップまで温存し、狙い澄まして仕掛けた。ストレートスピードにこれだけの差があると、一度抜いても次のストレートで抜き返されてしまう可能性もあったからだ。そして、相手も一度使われたトリックに、二度も引っかかるようなことはしない。だから可夢偉は最終ラップまで待ったのだ。

 だがレース終了後、誤ってチェッカーフラッグが1周早く振られていたことが判明し、56周で行なわれたはずのレースは54周目終了時点でフィニッシュという扱いとなった。可夢偉の最終ラップの妙技は、"幻のオーバーテイク"となってしまったのだ。

 その裁定が発表された後、エンジニアたちとのミーティングを終えた可夢偉を再び訪ねると、彼はこちらが拍子抜けするほどあっけらかんと言った。

「いや、僕は全然気にしてませんよ。別にどっちでもいいんです。チームはガッカリしてるけどね(苦笑)」

 マルシアとの17位争いなど、今の可夢偉にとってはどうでも良いことだった。

「そこは勝負するとこじゃないから。これが(入賞圏内の)10位争いをしてたんやったら怒鳴り込みに行ってたけど(笑)」

 可夢偉はそう言って笑い飛ばした。

 自分たちが目指しているのは、今季中にポイント争いができるところまでチームを成長させること。だからマルシアとの戦いに一喜一憂している場合ではないし、今目を向けるべき課題はもっと別のところにある。可夢偉はそう言いたかったのだろう。

 中国GPの週末、可夢偉とケータハムは最初の目標としていた「トラブルのないスムーズな週末」を今シーズン初めて過ごすことができた。フリー走行では金曜日に16周と32周、土曜日には12周を走り、マシンのセットアップも進めた。

 しかし、それとは対照的に、マレーシアGPとバーレーンGPで尻尾をつかみかけたかに思われたザウバーの背中は遠のき、マルシアに追い立てられている。現時点でのこのクルマの限界にぶち当たってしまったのだ。

「話し合いだけやったらスムーズに行くんです。でも実際に走ってみると、そのパフォーマンスはスムーズじゃない。F1ってね、走らなかったら何でもスムーズに行くんですよ、頭の中だけならね」

 データ分析とシミュレーションに基づいた話し合いはスムーズ。しかし、それが正しく結果に反映されない。

 では何が間違っていて、何がシミュレーションと違っているのか。それをコース上で感じ取って指摘するのが、ドライバーの仕事だ。

 ケータハムが昨年、若手ドライバー2人を起用して苦労したのがその部分であり、F1参戦から4年が過ぎてもいまだ下位に低迷している理由もそこにある。

「このチームが速くない理由は空力にあるんです。元々の特性として、ダウンフォースがない。そこをどう変えていくかです」

 上位チームもこぞって使うTMG(トヨタの元F1活動拠点)の風洞で開発を進めてきたパーツは、この中国GPにも間に合うことはなかった。しかしヨーロッパラウンドの開幕となる次のスペインGP(5月11日決勝)には間違いなく投入されることになる。60%スケールという縮尺の模型での実験が可能なTMGの風洞ならば、従来の50%スケール風洞に比べて格段に正確な結果が期待できる。

 そして、このスペインGPに投入されるアップグレードこそ、可夢偉が1月末にこのチームへ来て以来、開幕前のテストを通してチームとともに方向性を議論しながら進めてきた開発の第1弾にあたる。このクルマとチームに何が欠けているのか、何をどう補強すればどれだけ強くなれるのか。可夢偉がそれを指摘し、チームを引っ張ってきた。その成果が初めて表れることになるのだ。

「チームにはずっと言い続けているんですけど、パーツが来ないことにはどうしようもないから。まぁ、スペインGPでは周りのチームもアップデートしてくるから、一気にパンっとは行かへんと思うけど。僕らは開発を外さずにきっちりとパフォーマンス上げて、それを繰り返していくことですね。そのために(イギリスの)ファクトリーに戻って、文句を言ってきますよ!」

 開幕からの4戦は、今までの古いケータハムでどこまで戦えるかという勝負だった。しかし、次のスペインGPからは可夢偉が変えた新しいケータハムがどこまで成長できるかの戦いになる。中国GPでの17位争いのオーバーテイクが幻になろうとも意に介さず、「ここは戦うところじゃない」と可夢偉が言い切る理由はそこにある。

 戦いは新たなステージへ。小林可夢偉というドライバーが今年ここまで続けてきた"新しい挑戦"の真価が、いよいよ問われることになる。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki