「アナ雪」の興行収入がV7達成、「アバター」156億円突破の可能性も。

写真拡大

世界興収で歴代アニメーション映画史上No.1に輝き、日本でも快進撃を続けるディズニー映画「アナと雪の女王」。4月26日(土)、27日(日)の動員は53万9,357人、興行収入は7億3,643万1,700円(前週比95.3%)で、週末興行成績ランキング(動員数)で再び1位に返り咲いた。興行収入においては見事V7を達成している。

また、4月27日(日)までの累計動員は972万5,776人、興行収入は121億1,056万0,850円を突破。4月29日(火・祝)にも、動員が1,000万人を突破する見込みだ。

勢いが止まらない「アナと雪の女王」は、これでウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの歴代興収No.1作品「アルマゲドン」(1998年公開)の135億円突破は確実に。さらには「アバター」(2009年公開)の156億円突破の可能性も高まってきた。今後どこまで記録を伸ばすか、まだまだ目が離せなそうだ。

☆全世界の歴代興行収入記録

1位「アバター」27億8,230万ドル
2位「タイタニック」21億8,540万ドル
3位「アベンジャーズ」15億1,180万ドル
4位「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」13億4,150万ドル
5位「アイアンマン3」12億1,543万ドル
6位「アナと雪の女王」11億4,373万ドル
7位「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」11億2,370万ドル
8位「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」11億1,990万ドル
9位「007 スカイフォール」11億0,860万ドル
10位「ダークナイト ライジング」10億8,440万ドル

☆国内の歴代洋画興行収入記録

1位「タイタニック」272億円
2位「ハリー・ポッターと賢者の石」203億円
3位「ハリー・ポッターと秘密の部屋」173億円
4位「E.T.」163.5億円
5位「アバター」156億円